So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

風薫る [庭の花]

最近まで暖かかったり寒かったりと気候が定まらない日々が続いていました。

20日から急に暑くなり家中の窓を開け放しましたら、心地よい風が部屋を吹き抜けていきます。

やっと実感した「薫風」そして椿の新芽がきらきら輝いて美しい緑をみせてくれています。

DSC_5556.jpg
「薫風自南来」薫風南よりきたる。



DSC_5593.jpg
「有馬籠」に泡盛升麻と紫蘭、金梅を入れてみました。



DSC_5689.jpg
お菓子は「鉄線」



DSC_5613.jpg
茶碗は「乾山写しの花菖蒲」
このお茶碗は私が席披きをした折に、お友達からお祝いに頂いたものです。
5月になると毎年大切に使わせて頂いています。




DSC_5479.jpg
アワモリショウマ「泡盛升麻」
今回茶花に使ったお花です。微かな甘い香りがします。



P5070044.jpg
シラン「紫蘭」
これも茶花に使ったお花。今年は沢山咲きました。



その他、庭で咲いているお花。

DSC_5453.jpg
バイカウツギ「梅花空木」
このお花も甘い香りがします。 とても好きなお花なので、毎年開花を心待ちにしています。




DSC_5223.jpg
フイリ ホウチャクソウ「斑入り宝鐸草」
段々と塀の方に移って行ってしまいました。これは4月に咲いたお花です。



DSC_5117.jpg
ツルニチニチソウ「蔓日々草」
ここにはモミジが植えてありましたが、カミキリムシにやられて枯れてしまいました。
なので、このお花が元気になり、いっぱい咲くようになりました。



DSC_5258.jpg
シラユキゲシ「白雪芥子」
お花は綺麗なのですが、繁殖力が強くどんどん蔓延っていきます(^^;



このところの暑さでお花達も戸惑っているようです。爽やかな季節は僅かの間なのでしょうか...

梅雨時に咲くホタルブクロが咲き出してしまいました。私達も熱中症に気をつけなければならないとは

やはりおかしな気候ですね。




nice!(40)  コメント(20) 

オダマキ4種 [庭の花]

一番早く咲くのはカナダオダマキで、4月の初めぐらいにはもう咲き始めました。

やはり洋種のお花は丈夫で、毎年しっかりと咲いてくれます。

それに引き換え、和のお花はどうかすると消えてしまったりします。

DSC_5235.jpg
ミヤマオダマキ(深山苧環)の紫
この紫色が好きです。いかにも和のお花という感じです。



P4260017.jpg
ミヤマオダマキ(深山苧環)の白
白も清々しくて素敵です。



DSC_5457.jpg
ヤマオダマキ(山苧環)
このお花はあまり増えませんし、毎年咲く事もなく、気をつけていないと消えてしまいます。
蕾の時には虫は居なかったのですが、開いた時は虫に食べられていました。小さい青虫が見えるでしょうか? (^^; 



DSC_5081.jpg
カナダオダマキ
その名の通りカナダのお花です。
このお花は一番強くて、あちこちの鉢から芽を出し、今年は7鉢も咲きました。



DSC_5383.jpg
セイヨウオダマキ(西洋苧環)の八重の紫  アクイレギア(ブルーバロー)
ずっと以前、お友達に頂いた種ですが、何年も掛かって咲いた事がありました。
それから何年経ったでしょうか、調べて見ましたら6年ぶりの開花です。



6年前に咲いた赤の八重です。

DSC_1251.jpg
セイヨウオダマキ(西洋苧環)の八重の赤 上と同じ種類で色違いだと思うのですが、はっきりした名前は分りません。



オダマキは多年草ですが比較的寿命が短く、3年〜4年育てると老化して元気がなくなります。

初めに西洋だから強いと書きましたが、一概にそうとは言い切れないところもあります。

この八重は種から開花まで何年もかかり、もう咲かないと諦めていた頃にお花が見られました。

そして又6年ぶりにこうして咲くとは、何とも不思議な気がします。

この後咲くのは又6年後になるのでしょうか...(^^;



nice!(57)  コメント(35) 

嬉しい贈り物(花) [その他]

先日「竜田草」を頂いた方から、又お土産に珍しいお花を頂戴しました。

どうせならお好きなお花を選んで買いたいと仰って、山野草のお店から名前を見ながら

お電話で「これはいかがでしょうか?」と、ひとつずつ聞いて下さって、本当に有り難い事と

思いました。「一度新潟までいらっしゃいませんか」とも仰って頂いて、お優しいお嬢さんです。

P4290006.jpg
シラネアオイ(白根葵) 



P4290014.jpg
タイリントキソウ(大輪朱鷺草)
このような色を朱鷺色と言うのでしょうか...ハッとする美しさです。



P4290004.jpg
コシキジマ ショウジョバカマ(甑島 猩々袴)
今迄みたことがないショウジョウバカマです。少し大きく撮りました。
色も少し黄色味がかっていて蕊ががっちりした感じです。



P4290011.jpg
ルイヨウボタン(類葉牡丹)
葉が複葉で牡丹の葉に似ているためこの名が付いています。


ここからは我が家の花です。

P4260019.jpg
なんのお花でしょう...?
早春に近くのスーパーの花屋さんで売っていましたので、咲かせることが出来るかどうか心配でしたが
買ってみました。5月になって蕾が出て来た時はとても嬉しくて(^^)



P4280004.jpg
アツモリソウ(敦盛草)
袋状の花弁が、平敦盛の背負った母衣(ほろ)に似ているところからこの名が付いています。
いつも図鑑でしか見た事がなくて、実物のお花を見られたのは初めてです。



DSC_5357.jpg
フタリシズカ(二人静)今年は沢山咲きました。



DSC_5291.jpg
ユキザサ(雪笹)
このお花はチゴユリのように増えません。毎年一本だけです。



DSC_5149.jpg
ニホンサクラソウ(日本桜草)
2種類あるのですが、もう一鉢の方は株分けが遅かったため、お花が付きませんでした。



DSC_5243.jpg
ヒメウツギ(姫空木)別名 卯の花
「卯の花の匂う垣根に〜〜♬」と歌にあるように、匂うがごとく真っ白な花が沢山咲きます。



P4220014.jpg
卯の花のアップ。 可愛いお花です。


春が短くてあっと言う間に夏日になりました。花達はどんどん咲き出してあっという間に

散っていきます。ちょっと忙しくしていると、写真を撮らないうちに終わってしまって

もう少しゆっくりと眺めたいと思う今日此の頃です。



nice!(64)  コメント(42) 

可憐なお花たち [庭の花]

5月になると新緑が美しく眩しいですね。 四季の中で一番好きな季節です。

とても幸せな気持ちになります。大袈裟かも知れませんが、生きてて良かったと思えるのです。

狭い庭を山野草が自然に生える庭にしたいと、色々と努力してきました。少しは近づけたかも...^^

DSC_5163.jpg
チゴユリ(稚児百合)
このお花は可愛くて大好きです。



DSC_5201.jpg
稚児百合の 美人四姉妹? こうして並んで咲いたのは珍しいのです。



DSC_5298.jpg
ジエビネ(自海老根) かつては自生していたエビネの原種です。
以前も書いたことがあるのですが、このお花は長男が小学生の時、ママさんコーラスに入っていて、
お花がお好きだった音楽の先生に頂いたものなのです。もう何十年も前のことです。



P4280020.jpg
エビネですが種類は分りません。少し大きめに撮ってみました。



DSC_5190.jpg
ニリンソウ(二輪草)
このお花は写すのが本当に難しく、何度も撮り直してみましたが思ったように撮れません(^^;



P4250011.jpg
タツナミソウ(立波草)
増えて増えて、庭中に広がってきました。



DSC_5224.jpg
ヤマブキソウ(山吹草)
低木の山吹に似ているのでこの名がついています。 山に咲くヤマブキソウは種が飛び
チゴユリの近くにも咲いています。



DSC_5254.jpg
キランソウ(金瘡小草)根が地面に張り付くように広がるので、別名 地獄の釜の蓋 と言われています。
雑草ですが紫色が綺麗で好きなお花です。



春から夏に向かって山野草が沢山咲く時季ですので、毎日がとても楽しいです。

次回は珍しいお花を頂いたり買ったりしましたので、そのお花を載せたいと思います。



nice!(58)  コメント(36) 

「百花為誰開」 [庭の花]

四月はお花見の季節です。今年は東京の桜の開花は早かったのですが、寒い日が続き長いこと

桜のお花を楽しむ事が出来ました。でも私はお花見に行く予定がお友達の体調により中止となって

しまいました。私の歳ぐらいになるといつ何が起きるかわかりません。お互い様なのです(^^;

近くにはお寺があり、見事な桜が咲きますし、個人のお宅でも桜を植えているお宅が何件かあります。

毎日お買い物に行く時に眺めて楽しませて頂いていましたので満足しています。


我が家では今年もモミジが真っ赤な葉を出しました。段々と赤みが濃くなり夏には緑色となります。

秋には又赤くなり紅葉を楽しむ事ができます。

DSC_0021.jpg
モミジ(紅葉)の新芽。



DSC_5178.jpg
モミジのお花。



DSC_2888.jpg
アオシダレモミジ(青枝垂紅葉)。
この青い方はとても涼しげで、初夏の風に揺られる姿がとても素敵です。
色は変わらず、秋は黄色味を帯びた紅葉になります。



DSC_2687.jpg
アオシダレモミジ(青枝垂紅葉)の花。



IMG_8755 のコピー.jpg
お茶室から見たモミジ。
以前、お稽古をしていた頃の写真です。
四月はお花見の趣向で釣り釜を掛け、旅箪笥を使ってお稽古をしていました。



IMG_4716.jpg
四月の掛軸「百花為誰開」ひゃつか たが為に開く。
誰の為でもなく、しかしけっして無意味のものではない。と言う意味だそうです。



私のお手前の写真は少なくて、下の写真はもう20年以上前に先生のお茶室で亭主をした時のものです

DSC_5215 のコピー.jpg
今は懐かしい思い出となっています。この写真を見せると違う人みたいと言われます(^^;



DSC_3548 2.jpg
現在の私。昨年の秋にお友達とお芝居を観に行った時の写真です。
皺は増えるし背は3センチも小さくなり、見る影もありません。
でもこれが現実ですから仕方ありませんね(^^;



庭の山野草が次から次と咲き始めて、2、3日写真を写せないでいると、お花が終わってしまうことが
あります。
DSC_5125.jpg
シロバナイカリソウ(白花碇草)



DSC_5140.jpg
反対側にも種が飛んで、白花イカリソウが沢山咲く様になりました。



DSC_5141.jpg
ゲンペイイカリソウ(源平碇草)このお花もだいぶ増えてきました。




DSC_5139.jpg
ハナカイドウ(花海棠)
桜の時季に咲くお花です。桜とは又違った美しいお花です。


お知らせ。
上野の「東京国立博物館(平成館)」にて「茶の湯」特別展を行っています。

国宝「油滴天目茶碗」を初め「曜変天目 稲葉天目茶碗」「大井戸茶碗 喜左衛門井戸」

「志野茶碗 銘卯花墻」。

茶入も唐物「初花肩衝」「遅桜肩衝」「北野肩衝」 「松屋肩衝」が観られます。

その他も「長谷川等伯が描いた利休像」もあり、利休さんが作られた「茶杓 ゆがみ」もありました。

伝牧谿筆の「観音猿鶴図」もあります。掛軸、水指、お釜、花入,香合、書状、

どのお道具も滅多に見られないものばかりです。お時間がある方は是非おでかけください。

6月4日迄です。 大変長くなり申し訳ございません(-_-;)




nice!(56)  コメント(39) 

春の山野草 [庭の花]

急に暖かいのを通り越して暑く感じる日が続きました。

お花たちも慌てて咲き始めて、あっと言う間に散ってしまいそうです。

急に強い陽射しを浴びると、うなだれてしまうお花もあります。

そしていよいよ虫の登場です。気がつけばバラも食べられた跡があり、モッコウバラも

うどんこ病が出てきました。これは伝染するのが早いので取り去るか消毒しなければなりません。


DSC_5086.jpg
オオバナノエンレイソウ(大花の延齢草) 鉢植え。
エンレイソウの仲間で、一番大きな白い花を咲かせます。



DSC_5118.jpg
ムラサキケマン(紫華鬘)
どこにでも咲いていますね。



DSC_5031.jpg
ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
このお花はもう20年以上前に、八王子の方から頂いたものです。
種をアリが運ぶと言われていますが...。



DSC_5053.jpg
シロヤブケマン(白薮華鬘)
何処からかやってきたお花で 、嬉しいプレゼントです。




DSC_5182.jpg
ヒトリシズカ(一人静)
今年は沢山芽をだし、お花もこれから沢山咲きそうです。



DSC_5162.jpg
ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
これも植えた訳ではなく、自然と生えてきました。



DSC_5109.jpg
ハナニラ(花韮)
このお花は増えますね〜場所によって色の白っぽいのもあります。



P4100003.jpg
ハナニラの中に一輪だけ八重のお花がありました。
長年見てきましたが、このような八重は初めてです。



これから暑くなると、病気と虫に気をつけなければなりません。

毎日追われて生活しています。まぁ植物を育てるのが私の生き甲斐ですからね〜(^^;



nice!(57)  コメント(33) 

すみれの花〜咲く頃〜♬ [庭の花]

我が家の庭にもスミレが咲き始めました。


DSC_5101.jpg
タチツボスミレ(立坪菫)
今年は庭のあちこちに沢山咲いています。


P4030006.jpg
ニオイスミレ(匂い菫) 鉢植え。
このお花は根が太くて横に這う様に伸びます。



DSC_2582.jpg
モモイロコスミレ(桃色小菫)鉢植え。
多分、園芸種です。
このお花も増えて、色々な鉢から芽を出しています。



P2200011.jpg
ミョウジンスミレ(明神菫)鉢植え。
原種に見られる花の白い部分を持たないお花です。 園芸種のようです。



DSC_5052.jpg
ベニバナナンンザンスミレ(紅花南山菫)鉢植え。
エイザンスミレのような葉です。これも園芸種だそうです。



DSC_2693.jpg
アリアケスミレ(有明菫)鉢植え。
このスミレは他の鉢で芽を出し、自分の鉢はあまり好きではないみたいです(^^;



最後に野草のヤブレガサとウラシマソウを。
DSC_5020.jpg
ヤブレガサ(破れ傘)
破れたような傘のようなのでこの名があります。
芽が出始めた頃はとても可愛いです。



DSC_5119.jpg
ウラシマソウ(浦島草)
釣り糸のような物があるためこの名が。今年は背が低いです。



DSC_5120.jpg
後ろ姿をこちらに向けています。


庭の山野草が次から次と咲き始めました。

私の大好きな季節到来。毎日庭に出るのが楽しみです。

気が付けば2時間ぐらいはあっと言う間に過ぎてしまって(^^;

もう少し気温が安定してくれると嬉しいのですけれど。




nice!(60)  コメント(44) 

竜田草 [庭の花]

先日、お友達のお嬢さんが新潟から里帰り(この言葉は古いかも)なさって

珍しい山野草をお土産に下さいました。ここ毎年山野草を頂いています(^^)

竜田草は園芸店でもなかなか見られないお花なので、とても嬉しかったです。

P3300001.jpg
タツタソウ(竜田草)
中国東北部や朝鮮半島北部に見られる、東アジアの野草です。


P4040008.jpg
すっと伸びた赤みをおびた茎、とても素敵です。




P3300010.jpg
ヒゴスミレ(肥後菫)これも頂きもの。



P3250005.jpg
小さい鉢植えのムスカリ。こちらは違う方からの頂きものです(^^;



P3300011.jpg
大好きなブルー。



DSC_4770.jpg
4月のお茶碗。「六瓢」京焼。
お花見のシーズンなので、4月はいつもこのお茶碗を使います。



DSC_4763.jpg
お菓子は「春の水」



DSC_4987.jpg
床柱に「貝母」と「紺侘助」を入れてみました。
花入は志野焼「旅枕」です。



この時季にしては風が冷たく、まだ春〜という感じはしなかったのですが、

気が付けば「破れ傘」や「浦島草」が出ていて、植物は春を感じ始めたのだと思います。

「碇草」も、もうすぐ開きそうですし「花海棠」の蕾も膨らんできました。

明日から東京は20度を越えるかも知れないとのこと、嬉しいです。





nice!(59)  コメント(40) 

辛夷咲く [その他]

我が家の近くに小さな公園があります。

孫が小さい頃は遊びに来ると必ず行っていた公園。ブランコやジャングルジムもあります。

公園には大きなネムノキやコブシがあり、毎年美しい花を咲かせます。

P3220026.jpg
コブシ(辛夷)。



P3220023.jpg
どこまでも伸びる辛夷の木。



P3280003.jpg
色々遊具があって...。



P3280005.jpg
ブランコや鉄棒もあります。
午前中は親子が一組しか遊んでいませんでしたが、午後3時を過ぎると賑やかになります。



P3220027.jpg
青い空に映えて美しかったです。



P3220018.jpg
公園の近くのお宅のハクモクレン(白木蓮)



P3220015.jpg
このハクモクレンは逆光でどうしても上手く写せませんでした(^^;



P3220012.jpg
ミモザ。
この花も近くのお宅に咲いています。
何度も写したのですがいつもボケてしまって、今回やっとピントが合いました。



DSC_4738.jpg
トサミズキ(土佐水木)
この花は我が家の庭に咲いているものです。



DSC_4739.jpg
土佐水木は段々と咲き進むと、お花が長く垂れてきます。



P3180016.jpg
バイモ(貝母)
これはブログ友達のゆきゆきさんから、昨年の秋に頂いたものです。
大きな球根でしたので、立派なお花が咲きました。



P3250015.jpg
別名 編笠百合といいます。
お花の中が写したくて結構苦労して撮りました。


なかなか暖かくなりませんね。これでしたら桜も長く楽しめるかも知れませんね。

今年はママ友(40年以上も前)とお花見にいく予定です。地元ですけれど(^^;


nice!(53)  コメント(31) 

遅咲きの椿たち [庭の花]

今年の椿は気温の変動が大きく影響して、急に咲いたり又とまってしまったりと

何かおかしい咲き方をしています。

今は卜伴椿が花盛りで、庭が華やかな雰囲気に包まれています。

DSC_4666.jpg
卜伴(ぼくはん)



DSC_4829.jpg
卜伴椿が開くと、とても派手な感じになりますが、部屋に飾ると美しいので差し上げた方に
とても喜ばれました。



DSC_9049.jpg
胡蝶侘助(こちょうわびすけ)
小さな可愛いお花です。このお花も白い斑点が一輪ずつ違います。



DSC_4894.jpg
永楽(えいらく)
この椿は黒に近い濃い赤ですが、時によると白い斑点が現れるので、それが又楽しみです。



DSC_4888.jpg
永楽の白い斑点が出たお花です。



DSC_4800.jpg
このお花も永楽なのですが、一輪ずつ白い斑点が違います。



DSC_4916.jpg
黒に近い色は外では上手く出ません。こうして家の中で写すと本来の色になります。
どうすれば良いのかいつも悩んでいます(^^;



DSC_4684.jpg
紺侘助(こんわびすけ)
黒に近い色合いです。



DSC_4812.jpg
紺侘助を花瓶に入れると本当の色が分って頂けるかと...。花瓶は益子焼です。



今年はお彼岸を境に暖かくなると思っていましたら、又寒くなってしまいました。

花粉は急に増えているようです。

花粉症ではありませんが毎日マスクをして外出しています。

早く大好きな新緑の頃にならないかと思う今日このごろです。




nice!(54)  コメント(42) 
前の10件 | -