So-net無料ブログ作成
検索選択

暫くの間お休みします。 [庭の花]

DSC_7615.jpg
ヤブミョウガ(薮茗荷)


DSC_7745.jpg
ヤブミョウガの実


都合により、暫くお休みします。

フヨウとキツネノカミソリ [庭の花]

立秋を迎えて朝晩は少し凌ぎやすくなると思いきや、

日本列島は猛烈な暑さに見舞われています。

雨が降れば豪雨となり、関東地方はあまり雨も降らず、水瓶は心配な状況にあります。

これからご紹介する芙蓉は、俳句の世界では秋の季語になっています。

気持ちだけでも少し秋を感じて頂けたらと...(^^;



DSC_7680.jpg
フヨウ(芙蓉)
ムクゲが終盤を迎える頃、このフヨウが咲き始めます。



DSC_7585.jpg
茶花としては9月に使うことが多いのです。
茶道表千家の七代家元、如心斎が好まれたお花と言われています。
9月のご命日には白いお花をお供えしますので、その時はまたご紹介させて頂きますね。



DSC_7586.jpg
キツネノカミソリ(狐の剃刀)
ある年、突然咲き始めたのでびっくりしましたが、多分ムクゲを植えた時に、土に入っていたのでは
ないかと思われます。
昨年は葉は出たのですが、お花は咲きませんでした。(このお花は春にカミソリの様な葉が出て、いったん消えてしまいます。そしてお盆の頃にお花が咲き始めます)
今年は気が付いたら蕾みが出ていましたので、とても嬉しくて...(^^)



DSC_7589.jpg
翌日にはもうお花が開いていました。
北側の狭い場所にひっそりと咲いているのですが、何故か妖しい雰囲気もします。



DSC_7629.jpg
その次の日にはもう全開です。 一本の茎にお花は4輪つきます。



DSC_7635.jpg
ふと見ると、蕊に朝日が当たって輝いていました。



次のお花は少し前に咲いたお花ですが...

DSC_7665.jpg
センノウゲ(仙翁花)
春は虫に食べられて心配しましたが、花芽は辛うじて残っていましたので、何とか咲いてくれました。



DSC_7654.jpg
センノウゲは、フシグロセンノウやマツモトセンノウの仲間ですが、
蕊が紫色なのが特徴です。何年か前までは幻の花と言われていました。



暑い日が続いていますが、秋のお花の蕾も見られるようになりました。

キンミズヒキは、もうすぐ咲きそうな気配です。


nice!(51)  コメント(36) 

クリスマスブッシュとジュズサンゴ [庭の花]

今回は珍しいお花をご紹介したいと思います。昨年初めて育て始めたお花なのですが、

オーストラリアの夏のクリスマスを告げるお花です。


DSC_6363.jpg
クリスマスブッシュ
オーストラリアに分布。
丈は10mぐらいになるそうですが、我が家は鉢で育てています。
1㎝ほどの白いお花が咲き、とても可憐です。



DSC_7272.jpg
咲き進んでいくと、顎が薄紅色に染まっていきます。



DSC_7271.jpg
開花が終わった後、大きくなった顎が濃い紅朱色になり、小さいお花からは考えられない輝きを
増します。



DSC_7672.jpg
そして終わり頃は、また薄いピンク色となり、もう1ヶ月もこうして咲き続けています。
ただ寒さに弱いため、冬は室内に取り込まなければなりません。



DSC_7611.jpg
ジュズサンゴ
メキシコ ブラジルなどが原産。
このお花も小さい白いお花が咲いて、すぐに実になります。



DSC_7685.jpg
真っ赤な艶やかな実はとても目立ちます。
お花と実が同時に見られるのも珍しいですね。



8月になり、いよいよ梅雨も明けて夏本番となりそうです。

今年の8月は猛暑が続くそうですから、熱中症には気をつけましょう〜



nice!(39)  コメント(28)