So-net無料ブログ作成

カライトソウ  [庭の花]

少し前に咲いたお花です。 花期は7月〜9月。

高山、あるいは亜高山に自生しているそうですが、残念ながら私はまだ自生は見ていません。

八方尾根に群生していると聞いたことがあります。

DSC_0263.jpg
カライトソウ(唐糸草)バラ科で、ワレモコウ属。
花びらは無くがく片が4枚。 雄しべが、がく片より突き出す。と本に書かれています。

日本固有種で、本州の中部地方北部から北陸地方だそうです。
和名の由来は、糸状の花を中国から渡来した絹糸に見立てたものとのこと。

DSC_0319.jpg
今年は肥料が多かったせいか、丈が伸びて写真が撮りにくい状態です。
右側に垂れたお花です。

DSC_0321.jpg
こちらは、左側に垂れたお花。全部を画像の中に入れられなくて...

DSC_0311.jpg
このお花は花の元から開くと思っていましたが、先の方から咲き出したのもあって,調べてみましたら、花序の先端から下の方に、順に咲き下がるのが本来の咲き方だそうです。

DSC_0322.jpg
枝垂れたお花はとても優雅で、風に揺られる姿も魅力的でした。

DSC_0507.jpg
サワギキョウは今頃になって、やっと咲き始めました。
たった3輪ですけれど...(^^;

DSC_0444.jpg
キンミズヒキの実です。
ちょっと可愛いかったので...

おまけ
DSC_0391.jpg
9月27日は中秋の名月でしたね。こちらは曇っていて、お月様は見られませんでした。



9月も、もう終わりですね。

歳を重ねると、月日の経つのが早いこと!

急に寒くなって、束の間の秋にならなければ良いのですが...

今年はゆっくり秋を楽しみたいものです。

nice!(43)  コメント(30) 

九月の茶花 [お茶]

茶道表千家の七代家元『中興の祖』と言われる、如心斎宗匠のご命日が今月の13日。

遺徳を偲んで『天然忌』を行います。お好きだった芙蓉のお花をお供えします。


IMG_4354.jpg
本来なら白の方が良いのですが、その日には白が咲かなくて...
今年はピンクの芙蓉を入れました。


DSC_0202.jpg
少し後から咲いた白の芙蓉。 北側に植えてありますので、少し暗いです。


DSC_0401.jpg
一番早く咲く椿の西王母。9月には椿を使いませんが、茶花としては大変好まれるお花です。


DSC_0446.jpg
タイワンホトトギス
このお花も秋の茶花には欠かせないお花です。


DSC_0382.jpg
ヤブミョウガ
葉が茗荷の葉に似ているのでこの名がついています。
実が黒真珠のようになり、綺麗です。


雨が降ると一気に気温が下がり、上着が欲しいような陽気になります。

でも晴れればまだ暑い日もあり、体調を崩さないように、気をつけなければなりませんね。

インフルエンザで学級閉鎖になった所もあるそうです。

nice!(35)  コメント(33) 

ヒネムとカナヘビ [庭の花]

DSC_9541.jpg
ヒネム(緋合歓) 原産地メキシコ
寒さに弱いそうですが、温暖化の為か、我が家は一年中外でも大丈夫です。


DSC_0335.jpg
真っ赤なお花は、庭を明るく彩ってくれます。
小さな鉢なのですよ〜^^


DSC_0188.jpg
我が家のアイドル、カナヘビ君
水やりをすると必ず何処からか、するすると出て来ます。
冷たかったのでしょう〜顔にかかった水を足で払っていたようですが...


DSC_0190.jpg
<あのさ〜僕は水が苦手なんだよ...>
こちらを見たので、思わず引いてしまいました。 上と同じ子です^^


DSC_0189.jpg
<冷たいので止めてくれる〜>とでも言いたげな顔でこちらを見ています。
カナヘビがこのように愛嬌があるとは思いませんでした(^^;
我が家にはこの子の他に、もっと小さい子が2匹もいます^^


今年の台風は同時に2つ来ることが多いですね。

今回の18号は大変な被害をもたらしました。

早く元の生活に戻れることをお祈りしています。


nice!(39)  コメント(34) 

ジャコウアゲハと初秋の花達 [庭の花]

夕方水やりをしていると、時々目の前をふわ〜りと飛んでくる蝶がいます。

何時か写真に撮ろうと思っていましたら、シソ科のお花だと思うのですが、

じっと蜜を吸っていましたので、急いでカメラを取りにいき、やっと撮ることが

出来ました。

DSC_0140.jpg

恐る恐る近づいてシャターをきりました。 ジャコウアゲハのようです。


DSC_0143.jpg

逃げる気配がないので、反対側に行って裏側を...

幼虫はウマノスズクサを食べて育つようです。

体内に毒を持っているので、鳥などに食べられないので、ゆったりと飛んでいるとのこと。



DSC_0228.jpg

東側のフェンスに絡まったフウセンカズラ。逆光で暗い感じですが...


DSC_0358.jpg


いつもは2、3本しか咲かないキンミズヒキが,今年は沢山咲きました。


DSC_0260.jpg


一本だけアップで撮ってみました。山で見るお花は、もっとお花がいっぱいついていて、
どうかすると枝垂れているものが多いですね。


DSC_0261.jpg

ルリマツリモドキ(中国原産)
このお花の色が大好きです。一日花で次から次と咲きます。


近年の気候は激しいですね。雨が降るとどしゃ降りで、前が見えないような凄まじさ、

日本の情緒を感じることが少なくなったように思います。

四季折々を愛でる...何か懐かしい響き^^

nice!(38)  コメント(32) 

別れ...


IMG_0873.jpg


IMG_6436.jpg


主人と奥日光を訪れたのは24年の初秋。

お花は少なかったのですが、静かな小田代ヶ原と戦場ヶ原を歩き、熊に出会わないか、ちょっと

怯えながらも楽しい2日間を過ごしました。 それが夫婦最後の旅になるとは...。

あれから良くなったと思った腰も、又具合悪くなり、12月には手術をすることになりました。

そして、腰の手術から8ヶ月経った一昨年のある日、ちょっとした事から腹部のMRIを撮ることになり

その結果、肺の下部に影があることが判りました。しかも肝臓にも影がありました。

色々と検査をして肺がんであると... 。


それまで、咳が出たことも無く、身体がだるいとか、胸が苦しいとかの症状はありませんでした。

胸のレントゲンでは写らない場所でしたので、定期検診をしていても分らなかったのです。

親族にがんの人はいませんし、どちらかと言えば血圧が高めでしたので、食事には人一倍気をつ

けていました。何故?どうして?と頭が真っ白になってしまいました。


9月から抗がん剤治療を受け始め、初めて受けた抗がん剤は酷い副作用がでて、二度目の薬は余り効果

がなく、三度目の薬がようやく効いている事がわかり、月一回、通院で抗がん剤を受けることになりま

した。血液検査を受け、その結果が良ければ点滴を受けることが出来ます。4回受けて、念の

ためもう一回追加し、腫瘍も小さくなりましたので、身体に負担がくるので一ヶ月治療を

お休みすることになりました


6月はもう治ったとばかりに喜んで、お友達と会ったりして過ごしていたのですが、7月になり初めて

咳が出るようになりました。もしかして?と病院へ行きましたら、小さくなっていた筈のがんが大きく

なっていて、8月に又治療をしましょうと言うことになり、8月の初めに病院へ行きました。そして血

液検査を受けましたら、だいぶ色々な数値が悪くて、もう治療は出来ないと言われてしまいました。


主人は点滴を受けるため、ベットに横になっていましたので、全部聞こえていましたし、

何もしないで帰るのはとてもショックだったと思います。それから日に日に具合が悪くなった

ような気がします。

がん治療は出来なくても、食欲も無くなってきていましたし、ろれつが回らない感じになってきていま

したので、兎に角入院させて頂きたいとお願いしてきました。入院の予定の日は朝から具合が悪く、

息子が背負って車に乗せようとしましたが、主人の力が入らず、背負うことも出来ませんでしたので、

救急車を呼ぶことになり、入院した時は多臓器不全と言う診断でした。

そして、翌日の早朝に慌ただしく旅立ってしまいました。 告知を受けてから一年という短さです。


一度は小さくなったがんは、たった1ヶ月治療を休んだだけで、元の倍以上の大きさになってしまい

医者もびっくりしたようです。亡くなる3日前まで、一人でシャワーを浴びていましたし、治療を始め

てからも、普通に生活していました。

亡くなる10日前まで、腰のリハビリにも通っていましたので、ご近所の方達は信じられないと

仰って...  がんであることはご近所の方には、お話していませんでしたので。


主人が亡くなった後は、葬儀、告別式、初七日と。その後も色々な書類の手続きなどあり、忙しく

過ごしていましたが、四十九日の納骨を済ませたあと、帯状疱疹になったり、私の体調がおかしく

なり始めました。初めは胃がキリキリと痛み、それが収まった後は腸の具合が悪くなり、微熱が出

始めました。毎晩のように寝汗をかくようになり、食欲が全く出ない状態なので、掛かり付けの医院へ

行き検査をしましたが、これと言って重篤な病気はないようだと... 。


兎に角、まともに歩けないので、とても不安でした。めまいとは違って、ふっと気が遠くなる

ような感じでした。  医者は「今迄の疲れが出たのでは?」と、やたらと薬が増えるばかりで

余計、食欲も湧かなくて...

午前中に用を済ませ、午後からはソファーで横になっていましたが、一向に良くなりませんでした。

テレビを観るのも億劫で、新聞も活字を追う事ができず、電話で人と話すことも辛くて、

私はどうしちゃったのだろう... と。そのような状態で年を越して、このままではどうにかなってしまう

のではないかと、情けない気持ちでいっぱいでした。今迄の人生で、一番辛くて寂しい年末でした。


お買い物に行くと、知り合いの方から「どうしたの? 大丈夫?」と声を掛けて頂いたりしましたが、

どうにもならなくて、それからは、下を向いて歩くようになってしまいました。

2月にはこの3年間、引いたこともない酷い風邪をひいて、気管支炎をおこし、心細い毎日を

過ごしていました。


ご近所の方がお料理を作って持ってきてくださったり、次男のお嫁さんも、お惣菜など次男に持たせて

くれましたが、思うように食べられなくて、だんだんと瘦せてしまって...


そうこうしている内、3月になり、ふと庭にお花が咲いていることに気がつき、このままだとお花達が

駄目になってしまう、これではいけない、しっかりしなければと思うようになりました。


DSC_8696.jpg
山法師の下で咲くバイカオウレン

DSC_8841.jpg
クリスマスローズ


まだ少し寒かったのですが、毎日鉢に水をあげて様子を見ている内に、少しずつ体調も良くなってきて

気がつけば微熱もなくなり、ふらふらすることも無くなっていました。


3月は私の誕生月です。お祝いにと大切なお友達から、沢山の素敵なバラの花束が届きました!

美しいバラに心もバラ色に〜〜♪ 嬉しかったです!!

DSC_8803.jpg


そして、もう一人の大切なお友達からは、主人が大好きだった谷川岳に咲くお花、「ハクサンコザク

ラ」の絵柄のマグカップとお皿を頂きました! お心遣いが嬉しくて胸がいっぱいになりました。

DSC_0223.jpg


そして、やはり私にはお花が一番大切な存在だと言うことが分りました。

お二人の温かいお心の籠った贈り物が有り難く、又お手紙やお電話を下さった方々にも感謝し、

私は幸せ者だと思いました。


5月になって、ブログ友のよしころんさんから、写真展へのお誘いがあり、少し迷ったのですが、

思い切って出かけることにしました。もう長い事、都心に出かけることも無い生活をしていましたし、

大分、やつれてしまっていましたし...でも出かけてみて良かったです!

初めてお会いするよしころんさんは、もうずっと前からのお友達のように感じられ、すぐに打ち解け

てお話ができました。ご主人様も優しくて、笑顔がとても素敵な方でした!

ブログ友のきのこさんとも、この時、初めてお会いして、美しくて可愛い方だということが

分りました(^^)

いつか皆で何処かへ出かけましょう〜というお約束をして帰って来ました。

今からとても楽しみにしています。多分、秋頃になるかと...。


お陰様で、今は今迄以上にお花と向き合って生活しています。今年はどのお花もいきいきと

美しく咲いてくれています。 私も体重が少し増えてきて元気になりました。


先月、主人の一周忌も無事に済ませましたので、これからは主人と過ごした楽しい想い出を胸に、

前向きに生きていこうと思います。

ブログも再開したいと思いますので、又これからも宜しくお願い致します。

相変わらず、庭のお花になってしまいますが...(^^;

DSC_9909.jpg
アガパンサス



DSC_9978.jpg
ソバナ


DSC_0129.jpg
クレマチス(ロウグチ)

このお花はまだ次々と咲いています。


nice!(36)