So-net無料ブログ作成
検索選択

ホトトギス いろいろ。 [庭の花]

ここ数日、やっと秋らしい気候になってきました。

秋の訪れとともに花開くホトトギス。その控えめに咲く姿は秋の風情そのもので

心惹かれるものがあります。

このお花も意外と種類が多いのですが、身近に咲いているお花を写してみました。


DSC_3721.jpg
キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)
紀伊半島南部の半日陰の岩場などに自生するユリ科の植物。

今年は春に突然暑い日があり、それまで順調に育っていたのが急に葉が焼けてしまい
お花も駄目かと思っていました。でも少ないながらお花が付いて、蕾が膨らんできた時は
とても嬉しかったです。


DSC_3790.jpg
キイジョウロウホトトギスの中を写そうとしたのですが、思う様に写せませんでした(^^;


DSC_3795.jpg
キイジョウロウホトトギスは枝垂れて咲くので、細長い深鉢に植えています。
この姿が上品なことから身分が高い女官になぞらえて、ジョウロウホトトギスと言う名が付いたそうです。


DSC_3852.jpg
昔からある普通のホトトギス。
お花が沢山つくのであまり好きではないと仰る方が多いです(^^;
私も少なくしようと抜いていましたら無くなりそうになり、今年は少し多めに咲かせています。


DSC_3706.jpg
シロホトトギス(白杜鵑)
前回も載せましたが、ホトトギスの変種との事。
花に斑紋がほとんどありません。他にも蕊が真っ白なお花もありますね。


DSC_3702.jpg
シロホトトギスの咲き始め。偶然、幻想的に写った写真です。


DSC_3814.jpg
シロバナホトトギスは、沢山のお花がつきます。そして種も沢山出来ます。
いつも種は採らずに切ってしまうのですが、今年は一本だけ残して置こうと思います。
もし上手くいけば、お友達にも分けて差し上げられるかも...(^^)


DSC_3837.jpg
キバナノホトトギス(黄花の杜鵑)宮崎県原産種。
あまり丈は大きくなりません。節の間隔が短いため、葉が密に付いているように見えます。
葉焼けしやすいので、特に注意が必要です。


DSC_3622.jpg
タイワンホトトギス(台湾杜鵑)
このお花は茎が長く、花入れに活けても姿が良いので、茶花として使われる事が多いです。


DSC_3804.jpg
タイワンホトトギスも群生しますので、狭い庭に沢山咲いています。
この情景が秋を感じさせてくれて、とても好きなのです。

このお花にはルリタテハが卵を産みつけるのですが、今年はどうしたことかついている様子はありません。ちょっと残念です^^




nice!(52)  コメント(44) 

秋の白いお花たち [庭の花]

秋のお花と言えば何か紫色を思い起こしますが、意外と白いお花も多いことに気が付きました。


DSC_3830.jpg
シュウメイギク(秋明菊)キンポウゲ科。
秋に菊のような花を咲かせるところからこの名前が。
自生しているお花はピンクの八重だそうです。京都の貴船でよく見られたことから、貴船菊とも呼ばれています。この白は後から作られたお花のようです。


DSC_3811.jpg
ハマギク(浜菊)キク科。
日本原産で、主に太平洋側の海岸沿いに生えます。野菊の中では大きい方です。


DSC_3711.jpg
シロバナホトトギス(白花杜鵑)ユリ科
ホトトギスの変種で、突然変異により色素が抜けたものだそうです。
昨年ブログ友のゆきゆきさんに頂いたお花です。


DSC_3779.jpg
シモバシラ(霜柱)シソ科。
冬には地上部が枯れてしまい、寒さが厳しくなると、根元に氷の花のように霜柱が出来ます。
そのためこの名が。今年見つけて買い求めたものです。我が家では見られるかどうか分りませんが、お花があまりにも可愛かったので(^^;


DSC_3695.jpg
切り戻しで咲いたシロキキョウ(白桔梗)キキョウ科。
夏に一度咲いたのですが、お花が終わって切り戻しをしました。
茎が弱々しく横になってしまいましたが、可愛いお花が咲きました。




このところ大分涼しくなり、時には暖房が欲しいような夜もあります。

でもまだ台風がやって来て、気候が定まらないのが気になります。

今年の紅葉はどうなるのでしょうか...


nice!(49)  コメント(45) 

秋のバラ [庭の花]

今年は秋バラが少し早く開花しました。

でも9月は雨が多く、晴れれば暑く、バラにとっては厳しい気候となりました。

全部鉢植えなので、植え替えてあげないといけないのですが、最近大きな鉢を動かすのが

少し億劫になってきました。枯れてしまったのもあり、今年こそはと思っていますが

どうなりますか...。何とか咲いてくれたお花を(^^;


DSC_3519.jpg
パパ・メイアン。
黒バラの一種で最近は花がつかない事が多く、久し振りに咲いてくれました。
素晴らしい香りがします。色ももう少し濃い色です。



DSC_3488.jpg
プリンセス・ドゥ・モナコ。
グレイス・ケリーに捧げられたお花です。このお花の横顔も素敵です。


DSC_3584.jpg
ブラック・ティ。
紅茶色なのですが、雨に当たり少し色褪せてしまいました。


DSC_0875.jpg
マダム・ビオーレ。
開き始めは高貴な感じがするのですが、今年は蕾からすぐに開花してしまいました。


DSC_3681.jpg
マリアカラス。
オペラ歌手のマリアカラスの名が付いています。彼女の艶やかな姿を現しているように思います。


DSC_3586.jpg
黒真珠の蕾。
このバラも黒バラの一種です。濃い赤でベルベットの風合いがしますが
なかなか上手く表現出来ません(^^;


DSC_0422.jpg
黒真珠の咲き始めです。
このバラはあまり香りはしません。


DSC_0833.jpg
イントゥリーグ。
このお花の色は表現が難しいのですが、説明書にはワインレッドと書いてありました。
この花も雨で少し花びらが白くなってしまいました。


この他に黄色いランドラや、覆輪のダブル・ディライト、聖火などがありますが

どの花もあまり良くありません。バラは肥料を好みますし、虫や病気にも気をつけなくてはなりません

手が掛かりますが、こうして咲いてくれると、とても幸せな気持ちになります。

買ってきたお花より長く楽しめますし、やはり頑張ってこの冬は植え替えをしなければと

思います。来年の春には綺麗なお花が咲きます様に... 。
nice!(55)  コメント(47) 

ヒネム(緋合歓) [庭の花]

昨年初めてお目見えしたヒネムが、今年も元気良く咲いています。

咲く時期も結構長く、6月〜11月頃まで咲き続けます。

お花がネムノキに似ていて赤い花なので、ヒネムという名が付いたようです。


DSC_3328.jpg
ヒネム(緋合歓) マメ科 カリアンドラ・エリオフィラ。
熱帯性常緑低木。1m〜1,5mぐらいになるそうです。鉢植えです。


DSC_3534.jpg
花のように見えるのは雄蕊。
耐寒性がやや弱いそうですが、我が家は一年中外に置いています。



DSC_3483.jpg
ラベンダーセージ。 ブルーサルビアの園芸種だそうです。鉢植え。
根が詰まってきたので植え替えをしましたら、何本も茎がでてお花も沢山付けるようになりました。
この色合いにとても惹かれます。


9月から咲き始める早咲きの椿。

DSC_3658.jpg
西王母(せいおうぼ) 開き始めの姿。


DSC_3671.jpg
今年の西王母は、ゆっくり開かないですぐ満開になりました。



気候のせいかバラも蕾からすぐに満開になります。少しずつ開いていく姿が良いのですが...

毎週のように台風がやってくるので、お花達も慌ててしまうのでしょうか...

早く秋らしい気候になって欲しいものです。


nice!(50)  コメント(36)