So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

風薫る [庭の花]

最近まで暖かかったり寒かったりと気候が定まらない日々が続いていました。

20日から急に暑くなり家中の窓を開け放しましたら、心地よい風が部屋を吹き抜けていきます。

やっと実感した「薫風」そして椿の新芽がきらきら輝いて美しい緑をみせてくれています。

DSC_5556.jpg
「薫風自南来」薫風南よりきたる。



DSC_5593.jpg
「有馬籠」に泡盛升麻と紫蘭、金梅を入れてみました。



DSC_5689.jpg
お菓子は「鉄線」



DSC_5613.jpg
茶碗は「乾山写しの花菖蒲」
このお茶碗は私が席披きをした折に、お友達からお祝いに頂いたものです。
5月になると毎年大切に使わせて頂いています。




DSC_5479.jpg
アワモリショウマ「泡盛升麻」
今回茶花に使ったお花です。微かな甘い香りがします。



P5070044.jpg
シラン「紫蘭」
これも茶花に使ったお花。今年は沢山咲きました。



その他、庭で咲いているお花。

DSC_5453.jpg
バイカウツギ「梅花空木」
このお花も甘い香りがします。 とても好きなお花なので、毎年開花を心待ちにしています。




DSC_5223.jpg
フイリ ホウチャクソウ「斑入り宝鐸草」
段々と塀の方に移って行ってしまいました。これは4月に咲いたお花です。



DSC_5117.jpg
ツルニチニチソウ「蔓日々草」
ここにはモミジが植えてありましたが、カミキリムシにやられて枯れてしまいました。
なので、このお花が元気になり、いっぱい咲くようになりました。



DSC_5258.jpg
シラユキゲシ「白雪芥子」
お花は綺麗なのですが、繁殖力が強くどんどん蔓延っていきます(^^;



このところの暑さでお花達も戸惑っているようです。爽やかな季節は僅かの間なのでしょうか...

梅雨時に咲くホタルブクロが咲き出してしまいました。私達も熱中症に気をつけなければならないとは

やはりおかしな気候ですね。




nice!(40)  コメント(20) 

オダマキ4種 [庭の花]

一番早く咲くのはカナダオダマキで、4月の初めぐらいにはもう咲き始めました。

やはり洋種のお花は丈夫で、毎年しっかりと咲いてくれます。

それに引き換え、和のお花はどうかすると消えてしまったりします。

DSC_5235.jpg
ミヤマオダマキ(深山苧環)の紫
この紫色が好きです。いかにも和のお花という感じです。



P4260017.jpg
ミヤマオダマキ(深山苧環)の白
白も清々しくて素敵です。



DSC_5457.jpg
ヤマオダマキ(山苧環)
このお花はあまり増えませんし、毎年咲く事もなく、気をつけていないと消えてしまいます。
蕾の時には虫は居なかったのですが、開いた時は虫に食べられていました。小さい青虫が見えるでしょうか? (^^; 



DSC_5081.jpg
カナダオダマキ
その名の通りカナダのお花です。
このお花は一番強くて、あちこちの鉢から芽を出し、今年は7鉢も咲きました。



DSC_5383.jpg
セイヨウオダマキ(西洋苧環)の八重の紫  アクイレギア(ブルーバロー)
ずっと以前、お友達に頂いた種ですが、何年も掛かって咲いた事がありました。
それから何年経ったでしょうか、調べて見ましたら6年ぶりの開花です。



6年前に咲いた赤の八重です。

DSC_1251.jpg
セイヨウオダマキ(西洋苧環)の八重の赤 上と同じ種類で色違いだと思うのですが、はっきりした名前は分りません。



オダマキは多年草ですが比較的寿命が短く、3年〜4年育てると老化して元気がなくなります。

初めに西洋だから強いと書きましたが、一概にそうとは言い切れないところもあります。

この八重は種から開花まで何年もかかり、もう咲かないと諦めていた頃にお花が見られました。

そして又6年ぶりにこうして咲くとは、何とも不思議な気がします。

この後咲くのは又6年後になるのでしょうか...(^^;



nice!(57)  コメント(35) 

嬉しい贈り物(花) [その他]

先日「竜田草」を頂いた方から、又お土産に珍しいお花を頂戴しました。

どうせならお好きなお花を選んで買いたいと仰って、山野草のお店から名前を見ながら

お電話で「これはいかがでしょうか?」と、ひとつずつ聞いて下さって、本当に有り難い事と

思いました。「一度新潟までいらっしゃいませんか」とも仰って頂いて、お優しいお嬢さんです。

P4290006.jpg
シラネアオイ(白根葵) 



P4290014.jpg
タイリントキソウ(大輪朱鷺草)
このような色を朱鷺色と言うのでしょうか...ハッとする美しさです。



P4290004.jpg
コシキジマ ショウジョバカマ(甑島 猩々袴)
今迄みたことがないショウジョウバカマです。少し大きく撮りました。
色も少し黄色味がかっていて蕊ががっちりした感じです。



P4290011.jpg
ルイヨウボタン(類葉牡丹)
葉が複葉で牡丹の葉に似ているためこの名が付いています。


ここからは我が家の花です。

P4260019.jpg
なんのお花でしょう...?
早春に近くのスーパーの花屋さんで売っていましたので、咲かせることが出来るかどうか心配でしたが
買ってみました。5月になって蕾が出て来た時はとても嬉しくて(^^)



P4280004.jpg
アツモリソウ(敦盛草)
袋状の花弁が、平敦盛の背負った母衣(ほろ)に似ているところからこの名が付いています。
いつも図鑑でしか見た事がなくて、実物のお花を見られたのは初めてです。



DSC_5357.jpg
フタリシズカ(二人静)今年は沢山咲きました。



DSC_5291.jpg
ユキザサ(雪笹)
このお花はチゴユリのように増えません。毎年一本だけです。



DSC_5149.jpg
ニホンサクラソウ(日本桜草)
2種類あるのですが、もう一鉢の方は株分けが遅かったため、お花が付きませんでした。



DSC_5243.jpg
ヒメウツギ(姫空木)別名 卯の花
「卯の花の匂う垣根に〜〜♬」と歌にあるように、匂うがごとく真っ白な花が沢山咲きます。



P4220014.jpg
卯の花のアップ。 可愛いお花です。


春が短くてあっと言う間に夏日になりました。花達はどんどん咲き出してあっという間に

散っていきます。ちょっと忙しくしていると、写真を撮らないうちに終わってしまって

もう少しゆっくりと眺めたいと思う今日此の頃です。



nice!(64)  コメント(42) 

可憐なお花たち [庭の花]

5月になると新緑が美しく眩しいですね。 四季の中で一番好きな季節です。

とても幸せな気持ちになります。大袈裟かも知れませんが、生きてて良かったと思えるのです。

狭い庭を山野草が自然に生える庭にしたいと、色々と努力してきました。少しは近づけたかも...^^

DSC_5163.jpg
チゴユリ(稚児百合)
このお花は可愛くて大好きです。



DSC_5201.jpg
稚児百合の 美人四姉妹? こうして並んで咲いたのは珍しいのです。



DSC_5298.jpg
ジエビネ(自海老根) かつては自生していたエビネの原種です。
以前も書いたことがあるのですが、このお花は長男が小学生の時、ママさんコーラスに入っていて、
お花がお好きだった音楽の先生に頂いたものなのです。もう何十年も前のことです。



P4280020.jpg
エビネですが種類は分りません。少し大きめに撮ってみました。



DSC_5190.jpg
ニリンソウ(二輪草)
このお花は写すのが本当に難しく、何度も撮り直してみましたが思ったように撮れません(^^;



P4250011.jpg
タツナミソウ(立波草)
増えて増えて、庭中に広がってきました。



DSC_5224.jpg
ヤマブキソウ(山吹草)
低木の山吹に似ているのでこの名がついています。 山に咲くヤマブキソウは種が飛び
チゴユリの近くにも咲いています。



DSC_5254.jpg
キランソウ(金瘡小草)根が地面に張り付くように広がるので、別名 地獄の釜の蓋 と言われています。
雑草ですが紫色が綺麗で好きなお花です。



春から夏に向かって山野草が沢山咲く時季ですので、毎日がとても楽しいです。

次回は珍しいお花を頂いたり買ったりしましたので、そのお花を載せたいと思います。



nice!(58)  コメント(36) 

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ