So-net無料ブログ作成

紅葉山川に満つる [庭の花]

今年の東京の紅葉は思っていたより美しく、12月になってもまだ所々見ることが出来ます。

我が家のモミジも色濃く染まり、楽しませてくれました。

春の芽出しの頃も真っ赤なのですが、秋は又違った赤い色に染まります。

DSC_0024.jpg
春の芽出しの頃のモミジ。



DSC_6904.jpg
秋には黄色く色づき始め。



DSC_6888.jpg
最後はオレンジが混ざった赤になります。



PB300076.jpg
真っ赤になるモミジとオレンジ色の混ざった赤になる木が並んでいます。
このもみじの木の下は車置き場になっていますが、今は車がないので、クレマチスの鉢とバラの
鉢を置いて育てています。



PB300075.jpg
真っ赤になるモミジ。モミジの葉がぼけていますが(^^;



DSC_2888.jpg
春の青枝垂モミジ。



DSC_6887.jpg
秋にはオレンジ色が混ざった赤に。このように赤くなつたのは初めてかも知れません。




DSC_6936.jpg
青枝垂の真っ赤になった葉。



DSC_6650.jpg
夏椿の紅葉。終わり頃はやはり真っ赤に紅葉します。でもこの位の色合いが好きです。



DSC_6874.jpg
山法師の紅葉。まだ一番上の葉は残っています。燃える様な赤に染まって。



DSC_6942.jpg
床には「紅葉満山川」を掛けて。



DSC_6964.jpg
茶花は「土佐水木の照葉と加茂本阿弥椿」入れました。




DSC_7000.jpg
お菓子は「柚ほのか」を買って来て。



DSC_6986.jpg
志野焼の名碗「峯紅葉」写しのお茶碗でお抹茶をいただきました。
因に本歌の「峯紅葉」のお茶碗は「五島美術館」にて観ることが出来ます。



この後、雨が降って殆どの葉が落ちてしまいました。

落ち葉を掃除するのが結構大変で、大きなゴミ袋に4つぐらいありました。

お隣のお宅にも伺って掃かせて頂きました(^^;



nice!(44)  コメント(4) 

嵯峨菊と野紺菊 [庭の花]

2度あることは3度あるって本当ですね(^^;

一昨年の秋に突発性難聴になり、昨年は突然血圧があがって入院、さて今年は...

先週の金曜日の夜、目の血管が切れて目が真っ赤になりました。

まぁこの位で終われば良しとしましょう(^^; もうだいぶ良くなりましたのでブログが出来そうです。

でも長い間パソコンを見ていると目が疲れてしまいますので、今回もniceのみにさせて頂きます。

DSC_3944.jpg
サガギク(嵯峨菊)の白。
清楚な姿が好きです。



DSC_6797.jpg
サガギク(嵯峨菊)黄色。



PB270033.jpg
サガギク(嵯峨菊)
橙色で魅力的な色合いです。



DSC_0801.jpg
サガギク(嵯峨菊)
牡丹色とでも言いましょうか...少しお行儀の悪い咲き方?をします(^^;



PA270016.jpg
ノコンギク(野紺菊)
野菊の中でも特に好きな小菊で、色合いも大好きなブルー系です。



PB020015.jpg
ノコンギク(野紺菊)
今年は沢山咲きました。


暫くの間はniceのみでお伺いさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。



nice!(60) 

リンドウ [庭の花]

春に園芸店で見つけて買ってきたリンドウが咲きました。

茎が垂れていたので「ツルリンドウ」と思っていたのですが、やはり普通のリンドウでした。

鉢植えでよく売られている園芸種ではなく、山で見る野生のお花のようです。

DSC_6558.jpg
リンドウ(竜胆)



PA170020.jpg
リンドウの蕾の状態も好きです。



PA240008.jpg
開いたお花も綺麗〜



DSC_6525.jpg
少し暗いですが、この色が本来の色です。
このお花も私好み(^^)  何故かブルー系のお花に惹かれます。



DSC_6495.jpg
椿(西王母)
早咲きの椿で9月には咲き始めます。でも今年は開花が遅くなりました。



PA050017.jpg
ダイモンジソウ(大文字草)
以前は沢山売られていましたが、ここ何年かはあまり見かけませんでした。
先日見つけて連れて帰って来ました。鉢植えですが毎年種を蒔いて咲かせた方が綺麗なお花が咲きます。


このところ一気に紅葉が進んできました。 庭のもみじが色づくのも、もうすぐのようです。

ことしも後2ヶ月足らず、月日の経つのがどんどん早くなります(^^;




nice!(62)  コメント(41) 

イワシャジン その他 [庭の花]

普通は7月に雨が降り、8月には猛暑となる筈が、なんと今年は逆の天候になりました。

植物たちは、いきなりの暑さに耐えるのが精一杯だったと思います。

今年の蒸し暑い夏を無事に乗り越えたイワシャジン。こんなにお花が付くなんて夢のようです。


DSC_6511.jpg
イワシャジン(岩沙参)



DSC_6452.jpg
イワシャジン、沢山のお花が見られました。




DSC_6460.jpg
可愛いお花で大好きです。



P9290135.jpg
ハマギク(浜菊)
青森県から茨城県にかけての太平洋側に自生。野菊の中では大きい方です。



DSC_6483.jpg
名前が分らない小菊。
リュウノウギクと思っていたのですが、どうも違うようです。
葉の縁が白っぽいのが素敵だと思い育てているのですが...。

追記
名前が分りました! アシズリノジギク(足摺野路菊)という名前でした。
mimimomoさん ゆきゆきさん ありがとうございました♪

PA240016.jpg
コムラサキ(小紫)
先日お友達から頂きました。植える場所がないので鉢で育てようと思います。


PA240018.jpg
コムラサキ、綺麗な色合です。


これからは菊の季節になりますね。嵯峨菊がもう開きそうです。

今年の紅葉は早くなりそうですね。山法師の葉が色づいてきました。


nice!(54)  コメント(43) 

ホトトギス 色々。 [庭の花]

ホトトギスは秋のお花らしく、何処か寂しげな風情で好きなのです。

特に好きなホトトギスは、枝垂れた姿で咲く「キイジョウロウホトトギス」です。

春に沢山芽がでましたので、今年は株分けをして2鉢にしました。初夏までは青々とした葉が綺麗でし

たが、7月の猛暑で葉がカリカリになってしまいました(>_<)

DSC_3818.jpg
キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)
枝垂れた姿が優雅でとても好きなお花です。
ジョウロウホトトギスは四国の太平洋側の地域に特産する種類です。



DSC_5770.jpg
キイジョウロウホトトギスの葉
6月頃は葉も青々として美しかったのですが...。



PA050010.jpg
キイジョウロウホトトギスの蕾は沢山付きました。
でも、今年は7月に猛暑が続き、葉が枯れてしまい見る影も無い姿になりました。
なので、上の部分は写せません(^^;



キイジョウロウ2.jpg
キイジョウロウホトトギスを、以前茶花として使いました。
お花の中が良く分ると思いまして載せてみます。



PA050006.jpg
コハクジョウロウホトトギス(琥珀上臈杜鵑草)
以前育てていましたが、いつの間にか消えてしまいました。
春に神代植物園の園芸店で見つけて買って来ました。
このお花も枝垂れて咲きますが、葉が枯れて殆ど無くなってしまいました。



PA070079.jpg
シロバナホトトギス(白花杜鵑草)
このお花も葉が焼けてしまい、お花も元気がありません。この写真は昨年のものです。



PA090007.jpg
普通のホトトギス(杜鵑)
お花が沢山つき過ぎて、あまり好きではないと仰る方が多いです。



PA090014.jpg
キバナホトトギス(黄花杜鵑)
お花は沢山咲きましたが葉が汚いので...。



DSC_6507.jpg
タイワンホトトギス(台湾杜鵑)
普通のホトトギスとの違いは、茎の先端に花が咲く事です。



DSC_6503.jpg
丈夫なタイワンホトトギスは今年も沢山咲きました。
昨日の台風でみな倒れましたけれど(^^;






nice!(58)  コメント(42) 

秋色のお花たち [庭の花]

我が家の庭のお花の紹介は久しぶりです。

気が付けば秋のお花が次々と咲き始めていました。花によっては終わりかけているものもあり

慌てて写真を撮りました。


P9230001.jpg
シュウメイギク(秋明菊)
毎年10月と言えばこのお花です。原種はピンクの八重だそうですが、私はこの白が大好きです。



DSC_3832.jpg
八重のシュウメイギク(八重の秋明菊)
昨年初めて八重の白が売り出され、今年も園芸店には沢山出ていました。



PA110005.jpg
ナンバンギセル(南蛮煙管) 糸ススキに蒔いた種から咲いたお花です。
今年は発芽が遅く、もう駄目なのかと思っていましたら10月に入ってから急に咲き始めました。



P9290121.jpg
ナンバンギセル(南蛮煙管)
同じお花でも、こちらは矢筈ススキに蒔いたもので、色が薄いです。



DSC_6299.jpg
ストレプトカーパス・サクソルム   ケニア、タンザニア原産。
このお花も種類が多く、白、赤、ピンク、紫など色々とあります。



PA040044.jpg
ラベンダーセージ  ブルーサルビアの園芸種です。
このお花は一度咲いたあと、切り戻ししたお花です。 このブルーに惹かれて...。



PA030026.jpg
タイワンホトトギス(台湾杜鵑)
咲き始めはピンク色ですが、秋が進むとブルーがかったお花が咲く様になります。


虫の嫌いな方はスルーして下さい(^^;


P9230008.jpg
ルリタテハの幼虫
ホトトギスに付く幼虫はとても凄いです。
こうして写真に撮らなければ模様を見る気持ちになれないので(^^;



PA050029.jpg
ルリタテハの蛹
やっと蛹になって良かったと思いましたら、残念なことに蛹を食べる者がいるようです。
自然界は厳しいのですね^^


追記

DSC_0720.jpg
ルリタテハはどんな蝶?という方もいらっしゃるようですので、一昨年に羽化した蝶の写真を
載せました。



先週は高校の同期会や、若い頃の職場のお友達との食事会があり、何かと忙しい日々を過ごしました。

皆さんお元気で溌剌としていらしたので、私も頑張らなければと思いました。

もっとも、こういう場所に出られるのはお元気な方なのですけれど(^^)



nice!(55)  コメント(48) 

秋を感じて [庭の花]

庭の花は初秋から秋へと変わってきました。

でも、いつも九月に咲く椿の「西王母」は蕾が大きくなりません。

ホトトギスの蕾もあまり付いていない状態です。

いつも通り咲き始めたお花を2種類。

DSC_0572.jpg
ハナカタバミ(花片喰)西洋カタバミで、 名前はオキザリス・ボーウィ。
濃いピンクが目を惹きます。



DSC_0607.jpg
ハナカタバミの葉は大きめで明るいグリーンです。



DSC_6285.jpg
タマアジサイ(玉紫陽花)
苞に包まれた蕾が裂けるように開花するのが特徴です。
開き始めの状態はこのように...。



DSC_6314.jpg
タマアジサイが開くと少し華やかに。
でもこのお花は普通の紫陽花と比べると地味な感じです。
渋めのお花は茶花として好まれます。


春から咲き続けていたフウセントウワタ(風船唐綿)に実が付きました!

DSC_4230.jpg
今年の1月にフウセントウワタの蕾をみつけて。
ちよっと変わった形の蕾です。



DSC_4232.jpg
フウセントウワタのお花が咲きました。



P2010008.jpg
家の中で育てていましたが、どんどん大きくなりました。
暖かくなってから外に出しましたら、益々大きくなり私の肩ぐらいまで成長しました。


そしてつい先日、小さな実が付いてるのに気が付きました。

DSC_6309.jpg
フウセントウワタの実。
風船の様に膨らんだ丸い果実がユニークな植物です。南アフリカ原産。



DSC_6336.jpg
フウセントウワタの実は毎日大きくなっていきます。

どのぐらいまで大きくなるのか楽しみです。
この実が弾けて種が出てきたら、また春に蒔いてみたいと思います。



追記 フウセントウワタの実から綿の様なものと種が出て来た画像です。

DSC_1265.jpg


nice!(63)  コメント(45) 

初秋の花達 [庭の花]

9月に入り急に涼しくなり、どうかすると寒さを感じることもあります。

こういう気候は花たちにとって、どうなのかと考えてしまいます。


DSC_6270.jpg
シュウカイドウ(秋海棠)
今年は早く咲き始めたのですが、お花の数は少なめです。



DSC_3590.jpg
薄いピンクのシュウカイドウ(秋海棠)
茎が赤く、葉の裏も赤いこの種類は沢山咲きました。



P9010010.jpg
キンミズヒキ(金水引)
小さなお花なのでいつも写すのに苦労します。
今年は種が飛んで、いつも咲く場所からだいぶ離れた所に一本咲きました。
とても元気でいつものお花より大きく咲いてくれました。




P8180009.jpg
キンミズヒキを少しアップで。



P9010003.jpg
ルリマツリモドキ 原産国は中国、ヒマラヤ。
この美しいブルーの色に惹かれます。 一日花ですが次から次と咲きますので長く楽しむ事が
出来ます。秋には葉が赤く染まりそれも又楽しみです。



DSC_6295.jpg
ヤブミョウガの実(薮茗荷)
葉が茗荷に似ているためこの名が付いています。
この花も早くから咲き始め、気が付いた時はもう沢山の実がついていました。
茶色からブルー、最後は黒真珠のような色に変わります。



最後に夏に咲いたバラを二枚。

昨年の暮れに植え替えをしたバラは元気が無く、春の花が終わった後、新芽がなかなか出ないため
鉢から抜いてみるとカナブンの幼虫がいて、又植え替えをすることになってしまいました(-_-;)

DSC_6248.jpg
「聖火」このお花はカナブンの被害はありませんでした。




DSC_6228.jpg
「パパメイアン」
黒バラの名花と言われているパパメイアンは香りが素晴らしく、部屋に飾って暫くの間楽しみました。
この花も無事でした。



雨の多かった8月、そのような中、急に晴れたりすると強い陽射しに耐えられなくなって、駄目に

なってしまったお花もあります。私達にとっても花達にとってもちょっと辛い夏だったように

思います。今年の紅葉が心配ですね。



nice!(71)  コメント(49) 

オグラセンノウ [庭の花]

以前載せましたセンノウの仲間であるオグラセンノウ。

意外と育てるのが難しくて、今迄綺麗なお花が見られなくて今回初めてのアップです。

センノウの中では一番優しい色合いで姿も優雅な感じがします。


P8180014.jpg
オグラセンノウ(小倉仙翁)
九州の阿蘇地方、広島県と岡山県の一部のみに生育しています。 希少な多年草。



P8200012.jpg
オグラセンノウが開くと...少し色が薄くなりますが優しい感じは変わりません。



P8200017.jpg
エンビセンノウ(燕尾仙翁)
以前、軽井沢植物園で見たこのエンビセンノウ。園芸店で見つけて買って来ました。
北海道、長野県、埼玉県にまれに見る事が出来る多年草です。
育てるのはやや難しいとの事。来年も無事に咲く様に育てたいと思います。



DSC_6078.jpg
白のフヨウ(芙蓉)
初秋のお花とされていますが、8月から咲き始めます。



P8060021.jpg
サワギキョウ(沢桔梗)
湿地に咲くお花です。たった一本咲きました。 色が秋を感じさせてくれます。



P8200002.jpg
ヤマトラノオ(山虎の尾)
虎の尾も種類が多く、オカトラノオ、ヌマトラノオ、ルリトラノオ、イブキトラノオ、ヒメトラノオ
などと沢山あります。


このところ、朝晩は涼しい風を感じるようになりました。

コオロギの鳴く音を聴くと、秋が近かづいてきたように思えます。

暑いのはもう少しの我慢でしょうか...。



nice!(59)  コメント(39) 

サギソウ [庭の花]

今年お友達に鷺草を蕾の状態で頂きました。

雨続きでしたのでどうなるかと心配しましたが、やっと咲いてくれました。

以前もブログお友達の旅爺さんに球根を頂いて育てたことはありますが、次の年は何とか

咲いたのですが3年目にはお花が咲かなくなり...やはり難しいのだと痛感しました。


P8180041.jpg
サギソウ(鷺草)




P8180031.jpg
白鷺が飛んでいるように撮りたかったのですが...難しいです。



P8180042.jpg
沢山蕾があるので、かえって撮りにくいです(^^;



P7030123.jpg
ハナシノブ(花忍)
蓼科ガーデンで買ってきたお花です。お花が咲いたあと切り戻しをしましたら、またお花が咲きました。
以前育てていたお花が駄目になり、このお花が大好きなので見つけた時はとても嬉しかったのです。



P8180021.jpg
クレマチスの「白麗」ハクレイという品種です。
もう少し神秘的に撮りたかったのですが...(^^;


写真は難しいです。雰囲気のある写真が撮れるようになりたいといつも思っています。

今更この歳で...とも思うのですが、でも勉強したい気持ちはあるのです(^^;


20日の東京の雨は凄かったです!多摩川の花火大会の状況はTVで放映されましたが、我が家も比較的

近かったため雷はずっと鳴り続けて、時おり落ちたような音がして震えていました。翌日は細い枝のも

のは折れたりしていましたので、後始末に追われました。早く安定した気候になる事を願っています。



nice!(60)  コメント(40)