So-net無料ブログ作成

温室の花(神代植物公園) [その他]

1月18日、比較的暖かかったので、植物園へ行って来ました。

バスを待つ間はやはり風が冷たくて、ちょっぴり後悔しましたが、

温室の中は気持ちよくて、楽しい一時を過ごす事が出来ました。

中に入って一番初めに目に付いたのが、ネムノキの様なお花。

P1180010.jpg
「オオベニゴウカン」(ネムノキの仲間)
ボリビア原産のマメ科の植物で別名「パウダー・パフ・ツリー(化粧パフの木」と呼ばれているそうです。



P1180009.jpg
小さい丸い玉のようなのが蕾です。




P1180025.jpg
これは良く見かける「コエビソウ」

温室と言ってもやはり寒い時はお花が少なかったです。

次に入ったのは蘭の部屋です。

P1180035.jpg
蘭の中でも特に好きなお花、「バンダ」
この蘭を初めて目にした時はとても感激したのを覚えています。



P1180040.jpg
別名「ヴィーナスのスリッパ」と呼ばれている蘭。「パフィオペディラム」
色々ありましたが、この色のお花に惹かれました。



P1180041.jpg
花結びのような可愛い蘭。名前は分りませんが...。



P1180044.jpg
多分「デンドロビューム」の仲間だと思うのですが、この紫色は珍しいと思いました。



P1180045.jpg
このお花も名前が分らないのですが、蘭の展覧会などでは良く見かけます。
もしかしたら「ミルトニア」の種類かも知れません?

次はベゴニアの部屋へ。

P1180055.jpg
このベゴニアはお花が大きくて見応えがあります。



P1180059.jpg
私はこのような縁取りのあるお花が好きなようです(^^;



P1180061.jpg
何故か惹かれてしまうのです。



P1180065.jpg
バラのような大きな美しいお花。


次は熱帯睡蓮のある部屋へ入ります。冬はお花が少ないですね。

P1180085.jpg



P1180091.jpg



P1180088.jpg



P1180093.jpg
透き通って見える睡蓮の花が美しくて、いつまでも見ていたい気持ちになりました。


nice!(55)  コメント(38) 

可愛いお客様(メジロ) [その他]

メジロとヒヨドリが庭に来ているのは分っていたのですが、なかなか時間がとれなくて

水飲み場を用意して上げられなくて...先日やっと付ける事が出来ました。


DSC_7331.jpg
早速一羽のメジロがやって来て、オレンジジュースを美味しそうに飲んでいました。



DSC_7335.jpg
キョロキョロと辺りを見回しています。



その後ロウバイの枝にみかんを付けて上げましたら、ヒヨドリが一気に食べてしまいましたので、残り
の半分を水飲みの入れ物に入れてみました。

DSC_7180.jpg
これでメジロも食べることが出来てホッ!(^^)
窓ガラス越しでそっと写しました。



DSC_7205.jpg
メジロは用心深いので慣れるまで時間が掛かります。



P1230005.jpg
先日の大雪の日に「土佐水木」の枝先にとまったメジロ。



DSC_7318.jpg
納屋の上に。



DSC_7322.jpg
何を思ったのか私の方に向かってきたメジロ。
写真は全部ガラス越しに写しています。



良く観察して見ると、一羽でやってくるメジロとつがいで来るのがいるようです。
メジロがみかんを食べていると、必ずヒヨドリが襲って来ます。
黙っているとずっと居続けるので、パンパンと手を叩き追い払います。
するとヒヨドリは急いで逃げますが、メジロは戻って来るのです(^^)
追われているのはヒヨドリだという事を認識しているようです。


DSC_7367.jpg
ロウバイの枝にみかんを挿して待っていると、やって来ました可愛いお客様。
寒い時でもこうして小鳥が来てくれると、ひと時安らぎを覚えます。



nice!(69)  コメント(50) 

福ねこ展(目黒雅叙園にて) [その他]

庭には先日アップした椿だけしか咲いていませんので、載せる写真がありません。

なので、昨年4月26日〜5月14日に「目黒雅叙園」で行われた「福ねこ」展の写真を(^^;

目黒雅叙園の中にある「百段階段」で行われた展覧会です。

DSC_7237.jpg

「百段階段」は東京都指定有形文化財に指定されています。

「福ねこ」展は、6つのアート(絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真)で楽しむものでした。

P5110030.jpg
最初に入った部屋にあった大きなねこ。



P5110031.jpg
あまりの大きさにびっくりしました。



P5110032.jpg
この部屋には1月1日〜12月31日まで一体一体、全部違う表情をしたねこちゃんが...。
その中でも思わず笑ってしまうものや、楽しくなるねこちゃんを撮ってみました。



P5110036.jpg
自分の生まれた日を撮るのを忘れてしまって(^^;



P5110041.jpg
鼻水を垂らしているねこちゃんも。



P5110048.jpg
床の間の壁には絵画が描かれていて、とても美しいものでした。



P5110049.jpg
床の前に置かれていた二匹のねこ。魚を狙っている姿がリアルでした。



P5110053.jpg
次の部屋に入ろうとした時、入り口にいたねこちゃん。
「いらっしゃ〜い」と言っているかのようで...



P5110060.jpg
次の部屋には大きな団扇に描かれたねこ。
部屋に大勢の人が入っていて身動きが出来ない感じで、少し息苦しくなり急いで次の部屋へ...。
百段の階段、大丈夫かしら?と思っていましたが、一気に百段のぼる訳ではありませんので、
あっと言う間に着きました(^^)



P5110065.jpg
帰りにお庭が見えたので、入ってみました。




P5110067.jpg
庭から見た玄関ホール。



P5110070.jpg
雅叙園を出て振り返って写真を撮りました。
大都会のホテルという感じですね。



この日は5月だというのにとても暑く、真夏の服装で出掛けました。

JRの目黒駅から歩いて10分も無いと思うのですが、雅叙園に行くには急勾配の「行人坂」を下りて

行かなければならず、ちょっと心配しながら向かいました。 なんとか無事に歩けました(^^;




nice!(60)  コメント(32) 

寒中の庭 [庭の花]

今が一年で一番寒い時期。今年の寒さは格別だと思います。暖房していても寒い感じです。

齢のせいかとも思ったのですが、天気図をみるとやはり寒波が次々とやってきて、

九州も雪が降っているようですね。雪国の方々は雪下ろしに追われて大変だと思います。

お怪我のないようにと祈るばかりです。

DSC_4938.jpg
初嵐(はつあらし)椿
これから次々と咲くと思うのですが、今年は寒いので一時ストップしているようです。



DSC_0649.jpg
初嵐が沢山咲いた年にはこのように。



DSC_7141.jpg
数寄屋侘助(すきやわびすけ)椿
可愛いお花ですので、このお花を見た方は必ず欲しいとおっしゃいます(^^)
沢山咲きますので、いつも切って差し上げています。



DSC_1161.jpg
太郎冠者(たろうかじゃ)椿   別名有楽侘助(うらくわびすけ)
京都では「有楽」と言われています。織田有楽斎の好みの椿のようです。
今年初めて開花した一輪です。



DSC_5456.jpg
太郎冠者が沢山咲くのは3月頃になります。これは2、3年前の写真です。



明日からは少し気温が上がるようですが、最高気温が10℃を下回ると寒いですね。

暖かくなるのが待ち遠しいです。風邪が流行っているようですので、皆様ご自愛くださいませ。




nice!(58)  コメント(33) 

熱帯睡蓮 [その他]

昨年の11月に神代植物公園へ行った折、バラを写してから温室へと向かいました。

そこで写した熱帯睡蓮です。毎日寒い日が続いていますので、暖かい温室を想像しながら

見て頂けたらと思います(^^)


PB090190.jpg
真っ白な睡蓮はやはり神秘的です。




PB090192.jpg
赤紫は華やかで。



PB090186.jpg
紫は和の感じ。



PB090185.jpg
ピンクは優しい感じ。



PB090178.jpg
ちょっと珍しいお花がありました。茎が倒れているようです。


リニューアルされた昨年も見に行きましたが、これほど種類はありませんでした。
これからは大輪ではなく、普通の大きさの睡蓮です。

PB090176.jpg
この紫がかったピンクは優雅な色合いでした。



PB090180.jpg
表現が難しい色合いです。



PB090187.jpg
黄色いお花も素敵!



PB090182.jpg
青紫とピンクのコラボ。


こうして色々な睡蓮を楽しむ事が出来ました。

1月は健康診断があり、色々と忙しいこともあり、それに一番寒い時期ですから

多分出掛けることはないと思います。

2月になれば梅も咲き始めるでしょうから、ポチポチ出られるのではないかと思います。



nice!(59)  コメント(36) 

新年のご挨拶 [その他]

DSC_7103.jpg

本年も宜しくお願いいたします。
nice!(65) 

今年もお世話になりました。 [その他]

今年も残り少なくなりました。


IMG_6163.jpg
「無事」毎年暮れはこの掛軸を掛けます。
今年も無事に年が越せそうです。感謝の気持ちを込めて。



IMG_6148.jpg
信楽焼の「うずくまる」という銘の花入れに「白侘助」を入れて。



DSC_7005.jpg
鶴屋吉信の「椿」のお菓子を買って。



DSC_6390.jpg
茶碗は黒薩摩。 銘「雪波釉」でお抹茶をいただきました。



DSC_7059.jpg
「曙」椿が咲き始めました。


今年も皆様から温かいコメントとniceを頂戴いたしまして、有り難うございました♪

来年も又よろしくお願い申し上げます。皆様お揃いで、佳いお年をお迎えくださいませ。


nice!(56)  コメント(43) 

今年を振り返って [その他]

今年を振り返ってみると、結構色々な所に出掛けられたと思います。

大好きなヴァイオリニストの「三浦文彰」さんのコンサートに2回行く事が出来ました。

DSC_7049.jpg
ウラディーミル・フェドセーエフ指揮
チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとの初共演でした。

夜のコンサートは行かないようにしていますが、この公演はぜひ聴きたいので頑張って出掛けました。
家に帰ってきたのは10時40分でした(^^;



DSC_7053.jpg
夏の猛烈に暑い日でした。 オーチャードホールにて行われたコンサートは
「三浦文彰」さんが指揮をしならが演奏をするという珍しい趣向でした。



そして、我が街の市民文化会館リニューアル・オープン記念特別記念公演があり
ベートーヴェン交響曲全曲演奏会が4日間行われました。

DSC_7084.jpg
私はベートーベン交響曲 第8番 へ長調 作品93と、交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」を聴きに行きました。

第九と言えば「喜びの歌」ですが、普通は大晦日に歌われる事が多いのですが
今回はリニューアルのお祝いという事で演奏されました。
フルオーケストラで、ソプラノ メゾソプラノ テノール バリトンの名歌手が揃い
新国立劇場合唱団も加わって素晴らしい演奏を堪能しました。



DSC_7066.jpg
それから、天使の歌声の「ウィーン少年合唱団」のコンサートにも行きました。
以前から一度聴きたいと願っていましたので、本当に嬉しかったです。
合唱団の中には日本人の少年もいました。
アンコールでは「花は咲く」を歌ってくれましたので、胸がいっぱいになりました。



DSC_7062.jpg
春には特別展「茶の湯」展を観る事が出来ました。恐らくこのような素晴らしい展覧会は暫くは
無いと思います。国宝級のお茶道具が観られた事に幸せを感じました。
(これは4月25日の記事にしてアップしました)


もう一つ「茶碗の中の宇宙」展もありました。

DSC_7089.jpg
利休の愛した美。楽茶碗の一子相伝の芸術。初代 長次郎から、現代の15代 楽吉左衛門まで
素晴らしいお茶碗を拝見する事が出来ました。



DSC_7051.jpg
初夏には目黒雅叙園で行われた「福ねこ」展へ。 百段階段で行われた展覧会は大勢の女性で
むせかえるような感じでしたが、可愛いねこ達に癒されて帰ってきました。



DSC_7050.jpg
秋には前進座の公演「柳橋物語り」を観に行きました。
山本周五郎さん原作の戯曲で、ホロリとした場面が多く満ち足りた気持ちで劇場をあとにしました。



そして12月、80の手習いで(まだ80歳には3ヶ月ありますが)写真教室に行ってみました。

DSC_7054.jpg
いろいろなコースがあるのですが、まず基礎の教室を受けなければ次に進む事が出来ません。
来年は次のコースに行きたいと思っていますが、急に難しくなりそうです(^^;



IMG_9405.jpg
新宿のビルはいつ見ても凄いです!



IMG_9404.jpg
今年、話題になった都庁です。



IMG_9403.jpg
京王プラザホテル。



IMG_9415.jpg
モード学園コクーンタワー。


来年から腰を据えて写真教室に通うつもりです。

ただ綺麗に撮るのではなく、何かを表現出来るようになりたいと思っています(^^;



nice!(48)  コメント(22) 

椿咲く [庭の花]

今年の椿が咲き始めました。

昨年はチャドクガが発生してあまり良くなかったのですが、

今年は蕾も多く沢山咲きそうです。早咲きの「西王母」は9月から咲き始めました。

DSC_6635.jpg
「西王母」せいおうぼ。
お花の色は一色ではなくて、柔らかい感じのお花です。



DSC_6897.jpg
「紅妙蓮寺」べにみょうれんじ。
大輪のお花です。11月の末あたりから開花が始まります。



DSC_1324.jpg
リビングに飾っていますが、明るい赤ですので部屋がパツと明るくなります。



DSC_6997.jpg
「白侘助」しろわびすけ。
小さなお花がいっぱい咲きます。でもお花のもちは短いです。



DSC_1173.jpg
「太神楽」だいかぐら。
椿の中では一番大きいのではないかと思います。



DSC_0877.jpg
太神楽の蕾。
茶花は開いたお花は入れませんので、この大きな蕾は存在感がありよく使われます。



DSC_5430.jpg
「加茂本阿弥」かもほんなみ。
このお花も大輪です。咲き始めはそれほど大きく咲きませんが、段々と大きなお花が咲く様になります。



椿は茶花に欠かせないお花ですので、15種ほど植えてあります。

これから次々と開花が始まると、メジロやヒヨドリがやってきます。

蕾の内に突かれるとお花が綺麗に咲きませんので本当に困っています(-_-;)



nice!(59)  コメント(38) 

紅葉山川に満つ [庭の花]

今年の東京の紅葉は思っていたより美しく、12月になってもまだ所々見ることが出来ます。

我が家のモミジも色濃く染まり、楽しませてくれました。

春の芽出しの頃も真っ赤なのですが、秋は又違った赤い色に染まります。

DSC_0024.jpg
春の芽出しの頃のモミジ。



DSC_6904.jpg
秋には黄色く色づき始め。



DSC_6888.jpg
最後はオレンジが混ざった赤になります。



PB300076.jpg
真っ赤になるモミジとオレンジ色の混ざった赤になる木が並んでいます。
このもみじの木の下は車置き場になっていますが、今は車がないので、クレマチスの鉢とバラの
鉢を置いて育てています。



PB300075.jpg
真っ赤になるモミジ。モミジの葉がぼけていますが(^^;



DSC_2888.jpg
春の青枝垂モミジ。



DSC_6887.jpg
秋にはオレンジ色が混ざった赤に。このように赤くなつたのは初めてかも知れません。




DSC_6936.jpg
青枝垂の真っ赤になった葉。



DSC_6650.jpg
夏椿の紅葉。終わり頃はやはり真っ赤に紅葉します。でもこの位の色合いが好きです。



DSC_6874.jpg
山法師の紅葉。まだ一番上の葉は残っています。燃える様な赤に染まって。



DSC_6942.jpg
床には「紅葉満山川」を掛けて。



DSC_6964.jpg
茶花は「土佐水木の照葉と加茂本阿弥椿」入れました。




DSC_7000.jpg
お菓子は「柚ほのか」を買って来て。



DSC_6986.jpg
志野焼の名碗「峯紅葉」写しのお茶碗でお抹茶をいただきました。
因に本歌の「峯紅葉」のお茶碗は「五島美術館」にて観ることが出来ます。



この後、雨が降って殆どの葉が落ちてしまいました。

落ち葉を掃除するのが結構大変で、大きなゴミ袋に4つぐらいありました。

お隣のお宅にも伺って掃かせて頂きました(^^;



nice!(58)  コメント(38)