So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

オダマキ、タツナミソウ [庭の花]

鉢で育てていたオダマキがいつの間にか種が飛び、地植えとなって

あちこちから芽を出していました。でもあまりお花を持たない状態が続き

諦めていたところ、今年は全部お花が咲き嬉しい年となりました。


P5020029.jpg
ミヤマオダマキ(深山苧環)
亜高山帯や高山帯の岩場などに咲くお花です。園芸店で出回っているのは改良されたお花のようです。



P5050063.jpg
このミヤマオダマキは、タツナミソウなどが咲いている所に、仲良く一緒に咲いています。



P4280191.jpg
シロバナミヤマオダマキ(白花深山苧環)
園芸種として改良されたようです。 良く見るとうっすらと紫がかったところが見受けられます。



P5050067.jpg
ヤマオダマキ(山苧環)
この花は日本固有のものです。
何年か前に咲いていたのですが、ここ何年かずっと葉だけしか見られず、どうした事なのかと
思っていました。今年はお花が見られてとても嬉しいです。この色合いに惹かれます。



P3220127.jpg
フウリンオダマキ(風鈴苧環)
これも何年か前に育てていたのですが、いつの間にか消えてしまい
今年は園芸店で見つけて買って来ました。



P3280179.jpg
フウリンオダマキは、風に揺られる風鈴のような風情なので、この名が付きました。



P3280185.jpg
如何でしょうか...風鈴に見えますでしょうか?



P4070020.jpg
カナダオダマキ
北アメリカ原産。鮮やかな色合いがいかにも外来種という感じです。
この蕊が可愛いので好きなのです。



DSC_9431.jpg
タツナミソウ(立浪草)
今年は沢山咲きました。 庭のあちこちに生え賑やかです。



P5020034.jpg
波が立つ様に見えることからこの名がついたそうです。毎年波が立っているように撮りたいと
思いながら果たせず、今年も挑戦してみました。



P5090144.jpg
小さなお花なので、一輪アップで。お花の中に模様がありますね。



P5130072.jpg
シロバナタツナミソウ(白花立浪草)
これもアップで...


木曜日(16日)は久し振りにコンサートに行って来ました。

「ウイーン少年合唱団」のコンサートはこれで2回目ですが、相変わらず美しい天使の歌声に癒され、

楽しい一時を過ごすことが出来ました。夜のコンサートはなるべく控えていたのですが

でも昼の部が無いので仕方なく...やはり音楽はお花の次に大好きなのだと思いました。

とても幸せな夜でした。



nice!(68)  コメント(35) 

神代植物公園の花 [その他]

前回の続きです。

牡丹を見てから山野草や園芸種の花が咲いている場所に向かいました。

珍しいお花も見られて、植物園はいつ訪れても発見があり楽しいです。


P4230079.jpg
ハッカクレン(八角蓮)
台湾や中国の深山に生えるそうです。
あまり目にする事がないお花なので、咲いている時に出会えて嬉しかったです。



P4230088.jpg
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
セリの様な葉、ツバメの飛んでいるような形からこの名が。



P4230089.jpg
白のセリバヒエンソウが咲いていました。
初めて出会った白い花。存在すら知らなかったので、新しい発見!



P4230097.jpg
アメリカフウロ(アメリカ風露)
いつも雑草のように咲いていますが、可愛いお花ですね。



P4230092.jpg
セイヨウオダマキ(西洋苧環)
以前育てていたのですが、いつの間にか消えてしまいました。



P4230098.jpg
シラー・カンパニュラータ
このお花は大好きで、我が家でも育てているのですが、今年はあまり咲きませんでした。



P4230105.jpg
カンパニュラータの白もありました。



P4230101.jpg
こちらはピンク。
可愛い姿に惹かれます。



P4230122.jpg
白のイカリソウ(白の碇草)
遠くの方に咲いていて、ピントも合わない感じですが...(^^;



P4230124.jpg
ピンクのイカリソウ(碇草)もありました。



P4230125.jpg
嬉しい事にキンラン(金欄)が咲いていたのです。
こちらの植物園にある事も知らず、これも嬉しい出会いでした。



植物園はいつ訪れても何かしら咲いていますし、こうして初めてのお花を目にする事も

出来ます。5月は特に新緑が美しく、思わず深呼吸したくなります。

生きてて良かったと思える季節です。元気を貰えますね。


nice!(73)  コメント(47) 

牡丹の花 [その他]

4月23日にお友達と神代植物公園へ行って来ました。

目的は牡丹の花を見ることでした。

昨年は4月19日に訪れたのですが、この時はもう散り始めた花もありました。

今年の開花は去年より少し遅かったようです。まだ開いてない花も多くありました。


P4230022.jpg
島錦(しまにしき)
紅白の色合いが華やかです。



P4230042.jpg
島根白雁(しまねはくがん)
昨年から真っ白な牡丹に惹かれて、この高貴な姿に魅了されます。



P4230029.jpg
沢山咲いていると、牡丹独特の香りが漂ってきます。



P4230032.jpg
島大臣(しまだいじん)
紫がかった色合。


P4230056.jpg
島大臣の開き始めも素敵です。



P4230033.jpg
八重桜(やえざくら)
優しい色合いで、このお花も大好きです。



P4230047.jpg
新国色(しんこくしょく)
2輪が寄り添う様に咲いていました。



その他にも色々咲いていましたので、今回は樹木のものを少々。

P4230008.jpg
石楠花(しやくなげ)
沢山咲いていましたが、一番良く撮れたお花を(^^;



P4230082.jpg
白山吹(しろやまぶき)
黄色い山吹とは違う種類で、花びらは4枚です。
楚々とした姿が茶花に好まれる由縁でしょうね。



この後、野草や園芸種のお花を見てきましたので、次回に続きます。


nice!(62)  コメント(36) 

チゴユリ、ユキザサ、ヤマブキソウ [庭の花]

春は山野草の季節。次々と開花が始まり一番楽しい時期です。

でも今年は全体的にはお花の数は少なくて、少し寂しい感じがします。

DSC_9141.jpg
チゴユリ(稚児百合)
名前のように可愛いお花です。



DSC_9145.jpg
チゴユリは開いても可憐な姿は変わらないですね。


DSC_2637.jpg
チゴユリは山法師の木の元に植えてありますので、あまり陽が当たりません。
雪割草や雪笹もこの場所で育てています。



P4260007.jpg
ユキザサ(雪笹)
葉が笹の葉のようなのでこの名が付いています。今年は株が増えて2本お花が咲きました。



DSC_5224.jpg
ヤマブキソウ(山吹草)
やや湿った明るい落葉樹林に見られます。 良く見かける山吹とは違う種類です。



P4110001.jpg
ヤマブキソウをアップで。
種が飛んで遠くの場所でも花を咲かせています。



P4140051.jpg
ヤマブキソウは4弁なのですが、こうして5弁のお花もあります。
色が濃いのは夕方写した為だと思います。



DSC_9366.jpg
ヒメフウロ(姫風露)
塩を焼いたときの様な匂いがするので、別名塩焼草と言われています。
これも種が飛んでとても増えます。ですから、あまり喜ばれないようです(^^;
でも可愛いお花です。



P4210087.jpg
シラユキゲシ(白雪芥子)
このお花も繁殖力が旺盛なので、抜かれることが多いようです。


前回お話しました青モミジのお花です。

DSC_8758.jpg
植えて以来、花が咲いたのは初めての様な気がします。
大きな木なので、私のカメラではこれ以上撮る事が出来ません(^^;
白い花が咲くとは思いませんでしたので、嬉しい発見でした。



P4300217.jpg
あまりにも高い所に咲く青モミジの花。
そこで一枝切って見る事に。もうプロペラの様な種が出来ていました。



nice!(66)  コメント(35) 

野草いろいろ [庭の花]

大好きな山野草の季節となりました。

若い頃から山野草が好きで、時間があれば山野草の図鑑を眺めていました。

あの花に逢いたい、この花を見たいと想い続けて、逢えたお花もありますが

未だに想いが叶わないお花もあります。もう高い山には行かれないと思うと残念な気がしますが、

ブログで色々な方のお写真を拝見出来るので、楽しませて頂いています。

今回は庭で育てている山野草をご紹介させて頂きます。

DSC_8715.jpg
シロバナイカリソウ(白花碇草)



DSC_8711.jpg
シロバナイカリソウは種が飛んで、反対側にも咲いています。
今年はお花が小さかったです。



P4070039.jpg
ゲンペイイカリソウ(源平碇草)
開き始めた頃。



P4180020.jpg
蕊を少し見る事が出来ました。



P4200062.jpg
全体ではこの様な感じです。



P3270052.jpg
ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
もう20年以上前になりますが、八王子の方から頂いて、それ以来ずっと我が家に生き続けています。
これはアリが種を運ぶと言われています。来年はどこから生えてくるか楽しみです。



P3270004.jpg
ニリンソウ(二輪草)
花はあまり咲きませんでしたが、葉は順調に増えています。
でも、庭が狭いので、群生とまではいかないと思います(^^;



P4110004.jpg
オキナグサ(翁草)
花が終わると翁の髭のような姿になるのでこの名が付いています。


最後はモミジのお花を。

DSC_7910.jpg
「出猩々」という名のモミジかどうか分りませんが、新芽が真っ赤です。
毎年可愛いお花が咲きますが、いつも風に揺られて上手く撮れません。



DSC_2687.jpg
こちらは「青枝垂」モミジです。
同じ様に花が咲きますが、少し違うようです。

今年は青いモミジにも花が付いているようですので、次回にでも。



nice!(70)  コメント(39) 

ハナカイドウとスミレ [庭の花]

桜の咲く頃に開くハナカイドウ。色は染井吉野より濃いピンクで

優雅に咲いている姿に惹かれます。花持ちはあまり長くないので

今はもう散ってしまいました。


P4050054.jpg
ハナカイドウ(花海棠)
今年も沢山咲きました。



P4070055.jpg
蕾も可愛いです。



P4050052.jpg
柔らかい雰囲気で。



P3270078.jpg
ヒゴスミレ(肥後菫)
バイモの鉢から出てきました。バイモはお花が咲かず葉ばかり、来年はヒゴスミレの鉢になって
しまうでしょう。



P3220120.jpg
ベニバナナンザンスミレ(紅花南山菫)
濃い赤紫色が魅力的です。このお花は園芸種のようです。



DSC_9138.jpg
ヒメスミレ(姫菫)
小さな可愛いスミレです。バラやクレマチスの鉢からも顔を出しています。



P4110017.jpg
アリアケスミレ(有明菫)
このスミレもバラとクレマチスの鉢に飛んで賑やかに咲いています。
スミレはどうして自分の鉢ではなく、他の鉢が好きなのでしょうね(^^)



nice!(73)  コメント(38) 

春のお花たち [庭の花]

我が家の庭にも春がやって来ました。

早くに開花するお花を載せる間もなく、もう4月になってしまいました。

終わってしまったお花もありますが、順を追って見て頂ければと思います。


P3130030.jpg
ヒマラヤユキノシタ
まだ寒い頃に咲いたお花です。明るいピンクが春を告げてくれます。



P3130034.jpg
ミニスイセン「ティタティタ」
球根類はそのままにしておくと、球根が割れてしまったりするので、上手く咲かない事が多いのです。
そこで、昨年の秋に初めて植え替えをしてみました。お陰でこの春は綺麗なお花が咲きました。



P3260038.jpg
ムスカリ
昨年の春、初めてこのお花に出会い、とても可愛いかったので秋に球根を買ってきました。
やはり新しい球根は元気なお花が見られます。


P3280189.jpg
花の先が白いので「タッチオブスノー」と言う名が付いています。
お花の上に違う花が咲いているようです。



P3270064.jpg
ウラシマソウ(浦島草)
毎年一本だけ花が咲きます。ただ壁の方に向いてしまって後姿しか撮れませんでした。



P4060085.jpg
スノーフレーク 別名 スズランスイセン(鈴蘭水仙)
沢山お花がつくと重みで垂れ下がってしまいます。



P3310002.jpg
ハナニラ(花韮)
このお花は庭のあちこちに咲いています。球根なのですが、どうやって増えるのでしょう。
お花が終わると実が成ります。その種が飛んで増えるとか...。



P4070100.jpg
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)
小さなお花です。 植えた覚えがないのですがこれも自然と生えてきました。



P3270032.jpg
ヒメウズ(姫烏頭)
これも小さなお花です。



P4110022.jpg
プランタにいつの間にか咲いて、今年はいっぱいになり他の花が消えてしまいました。



P3280165.jpg
タチツボスミレ(立坪菫)
庭のあちこちに咲いています。


これから大好きな山野草が咲き始め、庭に出るのが楽しみです。

でも寒の戻りがあり、お花達も戸惑っていることでしょう。



nice!(68)  コメント(33) 

近くの公園へお散歩に

桜の開花宣言が出たので、近くの善福寺公園へ行って来ました。

この公園は桜はあまり無いのですが、散歩を兼ねて歩いてみたくなりました。

子供達が幼い頃、桜を観に訪れた事がありますが、その頃の方が桜は多かったように思います。

P3280094.jpg
公園へ入って階段を下りると桜の木があります。



P3280098.jpg
小さなヒメオドリコソウ(姫踊り子草)が沢山咲いていて...でもマクロを持たずに行きましたので引き
寄せて撮ってみました。



P3280115.jpg
池に枝垂れるように咲く桜が好きです。



P3280118.jpg



P3280119.jpg
対岸の桜が静かな佇まいで。



P3280130.jpg
池に沿って歩いて行くと可愛いハナカイドウ(花海棠)が一輪開いていました。



P3280136.jpg
ウグイスカグラ(鶯神楽)も満開に。



P3280137.jpg
早春のお花、サンシュユ(山茱萸)もまだ咲いていました。



P3280149.jpg
池を一回りして帰る途中にも桜が。



P3280153.jpg
レンギョウ(連翹)を写すのは初めてなのです。何だか難しそうな気がして今迄撮ったことが
ありません。この様なお花だったのですね(^^)



P3280156.jpg
やはり青空をバックに桜を撮りたいですよね。



P3280162.jpg
桜のこんな姿が好きで必ず撮ってしまいます。


お花見と言うのにはちょっと寂しい感じですが、静かな公園をゆっくり歩く事が出来ました。

その後、市役所に用事があって出かけましたら、桜並木が綺麗でそこでお花見が出来ました。

4月の始めが桜祭りなのですが、いつも散り始めています。今年はどうなるでしょうか...




nice!(64)  コメント(38) 

可愛いお花を訪ねて [その他]

いつまでもスッキリしない状態が続いていて、これではいけないと思い、思い切って

以前から訪れたいと思っていた春の「殿ヶ谷戸庭園」へ行って来ました。

目的は早春のお花カタクリに会う事でした。

思いがけずコブシやシデコブシにも会えました。


P3200054.jpg
コブシ(辛夷)



P3200055.jpg
コブシ(辛夷)
このお花を見ると「北国の春」の歌が聴こえてきそうに。



P3200058.jpg
シデコブシ(幣辛夷)
もう少しで開きそうですが...このお花は色が濃いように思います。



P3200060.jpg
シデコブシ(幣辛夷)
みな太陽の方に向いていて...囲いがあるので反対側には行けません(^^;


これから先はカタクリの花です。


P3200076.jpg
所々陽が射す場所はありますが、全体に薄暗い場所に植えられています。



P3200079.jpg
姉妹のように寄り添って咲いています。



P3200082.jpg
茎が倒れてお花が全開。



P3200089.jpg
こちらは3姉妹。



P3200095.jpg
最後は丸い姿のカタクリ。



P3200046.jpg
ミツマタ(三椏)も咲いていました。



昨日は無事にお誕生日を迎える事が出来ました。昨年は傘寿のお祝いでしたので、

もう一歳重ねたことになります(^^;

母は私が13歳のとき、50歳で旅立ちました。リウマチからくる心臓病でした。

それを考えると随分長生き出来た事になります。現在でしたら医療も進んであのように

苦しまなくても済んだかも知れないと思ったりします。

ただ残念な事に、私は親孝行なので母の病気を受け継いでしまいました(^^;

早くに手当をしたお陰で、今は軽いお薬を飲んで痛さもあまりありません。

そして父からも病気を引き継いでいます。姉妹の中で私だけなのです。

でもこれも運命と思い、健康管理をしっかりやっていこうと思っています。

時々、くじけそうになりますが(^^;


nice!(71)  コメント(43) 

春の妖精が咲きました [庭の花]

何となく体調が整わない日々が続いている内に春のお花が次々と開き、今は写真を撮るのに

追われています。体調が悪いと集中力がなくなり、ぼけた写真ばかりで....。

何とか見て頂ける物を選んでみました(^^;

正式な名前はミスミソウ(三角草)ですが、通称ユキワリソウ(雪割草)と言われています。

春一番に雪をわって、春の訪れを知らせてくれる山野草です。

今年は駄目になってしまったと思っていたのですがポチポチと咲き始め、小さな株から

可愛い花を覗かせて、ささやかなお花ですが...。

P2250012.jpg
蕾を見つけた時は嬉しくて(^^)



P3020024.jpg
可愛いお花が咲きました。



P3100037.jpg
隣にはこのようなお花も。



P3100041.jpg
奥の方に白いお花を見つけました。



P3120013.jpg
真っ白も素敵です。



P3120008.jpg
濃いピンクはちょっと大きめのお花。



P3180038.jpg
何だか嬉しくて大きく撮ってしまいました。


いつも思うのですが、雪割草の蕊のところが金平糖のよう。

雪割草は自然交配するのか、今迄なかったお花が咲く事が多いのです。

来年はどんなお花が見られるか楽しみです。


nice!(71)  コメント(34) 
前の10件 | -